上映中

夜を走る

1252022年5月13日公開
夜を走る
2.9

/ 14

21%
21%
21%
0%
36%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

郊外のスクラップ工場で働く二人の男。40歳を過ぎて独身の秋本太一(足立智充)は、不器用な性格で上司からも取引先からもばかにされていた。一方、妻子のいる谷口渉(玉置玲央)は要領よく世の中を立ち回っている。それぞれ退屈で平穏な日常を送っていたが、ある夜の出来事をきっかけに二人の運命は大きく狂いだす。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(2件)

絶望的33.3%不気味16.7%パニック16.7%笑える16.7%切ない16.7%

  • GANG

    4.0

    極悪人はいないけど善人もなし

    なんかありそうな職場、日常のシチュエーションから、どんどんエスカレーションしていく様が面白い。登場する人は浮気とか、人が死んでも何とも思わないような奴らばかり。邦画の良い意味での空気感も伝わって、どっぷりと鑑賞できました。

  • Idz

    5.0

    想像以上の疾走感!

    「ホペイロの憂鬱」「教誨師」 さて、今回はどんな作品かとワクワクしながら、東京から片道2時間以上かけて横須賀までやってきた。 ヴェンダースのようなロードムービーから、善人がレールを外れていく「ファーゴ」さながらの雰囲気に。 かと思えば後半になると、観るものの想像を超える展開はリンチようでもあり、奇をてらったところはまるで鈴木清順の世界。 一体、何が善で何が悪なのか? どれが正しくてどれが間違いなのか? 油断してるとあまりの疾走感に判断能力を失いそうになる。 しかし、善悪基準の曖昧な世の中でも、何を一番大切にしているか観てれば伝わってくる。 映画の面白さは色々ある。 「いい映画」と「面白い映画」は違う。 大勢の方々が真面目に、しかもそれぞれ違う方向に向かって演技をしているのが実際の世の中っぽくて怖い。 真面目、迫力、疾走感、裏切り、他人の目線、そして家族愛。 見どころがふんだんにあり、また、笑わせる。 少し日本的ではないが、「面白い映画」として星5は正しい評価だと思う。 最後に、佐向監督サインありがとうございました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


足立智充秋本太一
玉置玲央谷口渉
菜葉菜谷口美咲
高橋努本郷真一
玉井らん橋本理沙
坂巻有紗矢口加奈
山本ロザジーナ
川瀬陽太小西彰
宇野祥平美濃俣有孔
松重豊キム・ジュンウ

関連ニュース

関連ニュースの記事はYahoo!ニュースに移動します。


唐田えりかが主演 短編『真夜中のキッス』来春公開

シネマトゥデイ

基本情報


タイトル
夜を走る

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日