上映中

リフレクション

VIDBLYSK/REFLECTION

1262022年6月25日公開
リフレクション
3.8

/ 8

25%
38%
25%
13%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1件)


  • nn1********

    5.0

    一口寸評

    2019年の東京国際映画祭で前作『アトランティス』を観て作風を知っていたので、今回はあえてカット数を確認(数え間違いがあるかもしれないが、鑑賞の負担にならないほど少ない)した。 126分で27~8カット、そのうち固定カメラでのシンメトリー撮影が7割強。 あとは、車での移動など動きのあるワンカット。 2014年、ウクライナとロシアとの戦争はすでに始まっていて、街も人民も戦闘態勢にあった。 主役はキーウ在住の外科医。 妻とは離婚、一人娘は新しい父になついていた。 ある日、父と継父は同時に親露派の軍隊に捕えられる…。 画像は悲嘆にくれる実父と娘。 凄惨な拷問シーン以外にも、リフレクションする窓に鳩が衝突したり、露の人命救助車が遺体焼却炉だったり、シニカルかつ象徴的な表現には事欠かない。 ただ、初めてこの監督の作品世界に触れた前作のほうが、驚きと悲壮感に満たされたことも確かだ。 リアルな出来事として、ウクライナの現実を知ってしまった今の心理状態がそう感じさせたのかもしれぬ。 ともあれ、監督が無事次回作を撮れることを切に祈る。

1 ページ/1 ページ中