レビュー一覧に戻る
僕と彼女のファースト・ハグ
2022年5月6日公開

僕と彼女のファースト・ハグ

温暖的抱抱/WARM HUG

1122022年5月6日公開

mas********

4.0

暖かい抱擁。

「温暖的抱抱」。。。主人公二人の名前がそのまま意味と成している。 どこかで見たことのある設定だな、と思っていたらだいぶ前の韓国映画が元なんですね。 最近では台湾映画の「恋の病」が強迫観念症のカップルの恋の顛末を描いていたな。 バオ・バオと、精神科医が並んでいたとき、「爆笑問題の二人みたい!」とひそかに笑ってしまいました。 場尾がキーボードを演奏する姿が最近観た「スパークス・ブラザース」のロンみたいダナーと思ってしまったよ。 ウェンヌワンの元カレ、パタリロみたいな顔で笑ったよ。この方もコメディアンなんだよね! ※彼らは、中国版「オフィスキュー」みたいな団体なのかしら? 「はじまりのうた」みたいに彼女が楽曲制作して、彼氏が売れていったって設定なのかな、と思ったり。 足つぼマッサージのお姐さんもいい味出しているし、いろんな症状抱えた困った患者たちもいいやつばかりで。 バオ・バオの過去は悲しすぎたけど。 観ていてハッピーになる作品でした。 スポックな髪形は、幼少時より変えないという強迫観念のもとだったのね。 少し乱れたら「男前」になるのは、眼鏡をはずしたらカワイイ女の子のようで。 エンディングロールの曲は「ラ・ブーム」の曲だよね。ソフィー・マルソーが踊っているシーンが目に浮かびました。

閲覧数107