劇場版『Gのレコンギスタ IV』「激闘に叫ぶ愛」
4.1

/ 54

48%
24%
20%
2%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(12件)


  • 真浩さん

    4.0

    3作まで観たら

    もう観に行かないとね♪ OPをTV版からスタートは粋ですね^_^ TV版に前3作を観ないと理解は難しいとは思うけど間違いなくGレコを観ていた人には満足だと思います 後半戦はかなり激アツ! さぁVを観ないと^_^

  • nai********

    5.0

    ネタバレ80歳にて、ますます冴える富野演出!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aoa********

    3.0

    タイガーマスクみたいだった

    TVシリーズは中盤以降で話についていけなくなり脱落したんですが…劇場版に関しても残念ながら難解さは変わっていないです。敵・味方の境界線があやふや過ぎるのが今作の最大の障害。まずは解説動画がたくさん出ているので、予習復習してから劇場へ向かうのがベターかと思います。 作画に関してはクライマックスの太線を用いた戦闘描写が印象的。『巨人の星』や『タイガーマスク』もしくは『ゲッターロボ』的な作画の雰囲気が妙にマッチしており、逆に若い世代には新鮮に写ったかもしれません。すぐに最終章の上映が始まるので、もう一度ストーリーを整理してから劇用に向かいたいと思います。

  • grc********

    5.0

    最高(^.^)

    勢力、各人物・MSの位置関係だけでなく、各々の心情もかなりわかりやすくなっています。 終盤のマックナイフvsGセルフの戦闘は、もう最高です。 思い出しながら、また鳥肌が立ってしまいました(笑) 4部・5部のプロモーションで富野監督は"今後50年"というキーワードを頻繁に出しています。 延々と宇宙世紀で金稼ぎをしまくる"ガンダム"しか知らないこれからの子供たちがこの作品に出会えることを切に願っています。

  • ドクター眠眠

    4.0

    派手になったが、わかりやすくなってない。

    40分の新作動画が、TVではセリフのみであっカシーバ・ミコシの争奪戦に 使われてしまっていて、戦闘シーンはさらに、今風に進化しているが、 肝心の紫のバラの説明、ジット・ラボの描写とか、より深く描いてほしいところが、TVとほとんど変わらない。 なんか、力入れるポイントが違って残念。 最終章に期待が持てないな。 五部の前売りチケットを買っているので見ますけど・・・ 絵柄の変化を結構、新作部分は激しい感じ。

  • Multiverse

    5.0

    宇宙世紀からの続き

    途中、寝てしまった。 何か必死さを感じられない世界観だけど、残りも観るしかない。

  • のぶポン

    5.0

    1番面白い

    Ⅳが1番面白いです! TV版を観てて、映画のⅠ、Ⅱ、Ⅲも観てるからストーリーも映画化されて良くなった、分かりやすくなった点も理解してましたし、Ⅳのストーリーの範囲も大体想像出来ていましたが、それでも想像を遥かに超えてきました! 富野監督が「ネタバレしてても面白いのがḠレコだ」と言われた舞台挨拶?の記事を見ましたが、正にその通りです! 映画後半部分は、かなり新規カット部分がありますが、それが話をとても分かりやすくしています。個人的にかなりのめり込んで観れましたし、ゾクゾクしました。 これは個人の好みの問題ですが、後半の新規カットの線?描画?は、ちょっと今までの線、描画からは感じが違うので違和感を覚えました。多分、演出の一環なんだと思います。 これでⅤが、とても楽しみになりました! 結末は多分変わらないとは思いますが、そこに至るまでの物語が、どう描かれるのかとても楽しみです!

  • もぐろ

    4.0

    思ったよりも面白い

    テレビ版とほぼ同じかも知れませんが、なんとなく面白い。

  • iyo********

    5.0

    ガンダム史上、最高の戦闘と作画

    まぁ齢80になるおじいちゃんが監督の作品ですから、そこまで過度な期待はしないようにしていたわけです。少なくとも心の中にそういう侮りはあっただろうと思います。 これを見るまでは。 前作第3部までは、ああ、いつもの劇場版だな、という感じで、要所数か所の、ちょっとした新規作画が光る、それでも全体としては総集編な映画。 富野監督の満足のいくように作ってください、僕は富野作品で育ってきたんだから、応援していますよ、そんな見(見守り?)方でした。 ところが、このVI 激闘に叫ぶ愛は、予告映像の段階で、アレ?今回は少し雰囲気が違うな、と思ったのです。なにか不穏な空気を出していました。 結局、後半=戦闘のほとんどが、TV版にない新しい展開であり、完全新規作画なのですが… あまりの凄さに度肝を抜かれました。口があんぐりという表現がぴったりです。 作画がよい、戦闘がかっこいいガンダム作品は、たくさんあります。 劇場版ファースト、ポケットの中の戦争、0083、逆襲のシャア、08小隊、エンドレスワルツ、ターンエーガンダム、劇場版Z、ガンダムOO、もっさりだけど重量感のあるガンダムUC、ビルドファイターズ、細かくは動かないけど独特でスピーディな閃光ハサウェイetc… しかしながら、この作品の殺陣の前には、全てが過去のものにされてしまいました。 いや、比較できるものではないでしょう。 次元が違う。作画、構図、演出…異次元の戦闘描写です。同じアニメジャンルかどうかかすらもはやわからない。こんなの観たことない。 この作品の殺陣と作画を見たあとでは、あんなに何回も夢中で観た、逆シャアのあの極限の近接戦闘も、ターンエーガンダムの最後の急接近も、劇場版Zのあの一瞬で回避から蹴りまで入れた最後の立ち回りさえも、もはや見劣りしてしまうと言わざるを得ません。 富野監督は自分で自分の栄光を過去のものにしてしまったのです。 私の青春の思い出は、80歳の老人によって色あせたものになったのだ。 私の青春を返してほしい。 少しだけ残念なのは、前半も前半で激しい展開で見所が多く、またそれなりに観念的なところもあるため、クライマックスになるまでにやや疲れきってしまうところがあり、そこに、本作で最強かつ最悪のシーンが襲ってくることです。Gレコはもともと難しいストーリーですから、初見の人は疲れるでしょう。 しかしながら、今作の、まるでザンボットやイデオンを超えるほどの、キリキリとした容赦のない展開と演出からの、緊迫怒涛の戦闘シーンは、ガンダム史上(どころかおそらくはロボット戦闘史上)、ぶっちぎりで最高の殺陣で戦闘描写でしょう。 ロボットものに限らず、作画が過度にもてはやされる昨今ですが、作画も含めてこれほどの戦闘は、後にも先にももう見られることは難しいだろうと思います。 富野殺陣、コンテの数十年の集大成と、作画、演出その他日本のアニメーション力の結実を観た想いです。 富野監督、スタッフの皆様、期待してないなんてちょっとでも思ってしまってすみませんでした。 クライマックス戦闘のことばっかり書いてしまいましたが、ほかにもドリカムの曲が劇伴として戦闘シーンでゾクゾクするようなするような使われ方をしていたり、たった2時間弱の映画に3度ほど鳥肌が立ちました。普通の映画は、おっと思うことはあっても鳥肌なんて立ちません。 作画から演出まであちらこちらで見どころの多い、ガンダム作品としてはトップクラスの映画です。

  • ala********

    4.0

    今回は

    なんか、レビュー投稿がSMS認証になったので いままでのIDで投稿できなくなっちゃった。 携帯番号を登録しようとしても「この番号は 使えません」って出るんだよね。 どうしたらいいのかな。 それはそうと、 「1」のレビューは書き込んだんだけど、 「2」「3」のレビューを書き込む資格は 自分にはなかった。 なぜなら、映画館で途中で寝ちゃったから・・・。 もちろん「3」を観る前は「2」を、今作を 観る前には「3」を観直しました。 そうしたら「3」がかなり面白く感じたので 今回はきちんと前の夜に睡眠を取って備えましたよ。 例によってこの作品のストーリーをまとめられる 自信が自分には無いので、ストーリーに関しては 他の方のレビューを見ていただくとして、 一つ言えるのは戦闘はかなり良いと思いました。 色んな勢力から色んなMSが出てきて、闘い方も それぞれ個性的。カシーバミコシ近辺の戦闘は もう入り乱れに入り乱れてかなり胸熱です。 でも、お話そのものの取っ付き難さは相変わらず。 映画版になってだいぶすっきり観やすくなって いるとはいえ、結構重要な事柄を雑談みたいな レベルでさらさらと描写し、しかもテンポが ぽんぽんと速い上にそれに富野節も混ざってくる ものだからわかりづらい事この上ないw ちょっとでもウトウトしようものならもう 話に付いていけなくなっちゃうのは 「1」の頃から全然変わってない。 でも、やっぱりガンダムを映画館で観るのは いいものです。迫力があるしね。 「安くはないチケット代をせっかく払うのなら 少しでも楽しんでやれ!!」と考えられる前向き な方なら、前作までの復習を事前にきちんとやって から観に行きましょう。こういう作品ですから、 用語や世界観などをわかりやすくまとめている サイトが探せばあります。 「アニメ一本にそんなに労力をかけられるか!!」 とお怒りの方はさっさと切った方がいいです。 「アニメ版の3話くらいで断念した」という人、 私の周りにも結構いますから・・・。 なんて偉そうに書き込んだけど 公開初日の遅い時間だったこともあったせいか、 観客の皆様の「猛者感」はエグかった。 自分のようなライト層がこの方々と一緒に 観てもいいんだろうかと、一瞬思った。 とりあえず次回が最終章なので、次回も公開初日に いそいそと行こうと考えております。

  • ezwild

    5.0

    激闘に継ぐ激闘

    テレビ版の再編集及び新規映像でビーナスグロウブでのジット団のドッキリビックリメカ達との戦闘が大迫力で楽しめる。また、カシーバミコシに戻ってからの介入戦もパーフェクトパックの新兵器によって大変なことが起きてしまう。予想を越える展開と面白さ。 近くの劇場で公開していなくて、朝早くから出かけてきたが、シリーズ中最高の戦闘と迫力を堪能できた。

  • p1g********

    4.0

    かなり新規カットがあるのでは?

    テレビシリーズは、よくわからん話だなぁ、と思ってたんです。劇場版はかなり、わかりやすい内容に翻訳?されてます。 (それでも込み入った話ではありますが。) それに加えて、新規カットがかなりあるような感じです。 すいません。テレビシリーズを真剣に見てなかったので、どこの部分が新規か否かは言えないです。苦笑 ただ、映像は本当に綺麗です。 いよいよ次回で、Gレコの最終回、楽しみにしています。 願わくば、公開劇場が増えると良いのですがね。

1 ページ/1 ページ中