劇場版『Gのレコンギスタ V』「死線を越えて」
4.3

/ 50

62%
18%
14%
2%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(11件)


  • nis********

    3.0

    面白いけど難解な話でした

    テレビシリーズ、映画、全て視聴してますが、難解な話なのは変わらなかった印象です。モビルスーツ的には、サイコミュ兵器が普通に使えてるのが熱い所です。それとも、劇中の殆どの人々がニュータイプなのか??まあ、ゼータ並みに人がやられまくってますが、あっさり描かれているのが、逆に恐怖を感じました。

  • shi********

    5.0

    パンフレット必ず買うべし!

    1から5まで毎回パンフレットが、素敵な絵本で、しかもストーリーとかキャラのまとめ方が超上手で、Gレコわかりにくいとか言われるけどこんなにわかりやすいじゃんと言いたくなる出来栄え。しかも5は最後だけあってGレコの想い出を一挙に振り返れるつくりになってて感無量です。パンフレット一つをとってもスタッフの「本気度」がひしひしと感じられて本当に良かったです。素敵な作品ありがとうございました。

  • 真浩さん

    5.0

    これぞ富野作品!

    ですね^_^ Ⅰ~Ⅳ観たら最後まで観ないとね♪ TV版の終盤を解りやすく補足を足した感じな出来にとても満足 ラストのラストが良いですね

  • pef********

    5.0

    ネタバレドン詰まりの世界の未来を考えて!俺には、どうすればいいか分からなかったから。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • のぶポン

    5.0

    Ⅳが良すぎたかな…

    Ⅳが今までの中でも群を抜いて面白かったので、クライマックスであるⅤに対してかなり期待して鑑賞しました。 個人的には、Ⅳの盛り上がりについてこれずに完結した、という印象です。 クライマックスなので戦いの連続にはなるのですが、連続過ぎてついて行けないというか、何故ベルリ達がその戦闘に参戦したのか、その戦闘がもたらした結果と次の戦闘につながる流れ、理由が自分にはイマイチぼんやりした感じになって、物語に乗り切れなかったです。上映時間を2時間ぐらいにしてもらって、戦闘の合間のドラマにもう少し余裕を持たせてくれると、自分的には良かったかな、と思いました。 何度か見返せば理解して感じ方も変わるかもしれません。 今回「ん?」と気になった点がありました。パララとマニィです。詳しくは書きませんが、違和感とどうなったの?と思うところがありました。 あとでTV版を見直してみようと思いますが、地球に降りてからの戦闘とその後のストーリーの印象が変わりました。TV版を見返したら、そんな事ないなってことになるかもしれませんが。 エンディングは、映画版の方が好きですね、自分は。 Gレコが映画になると知って驚いて、Ⅰを観て面白くなったと思い、石井さんの休業の知らせを聞いてどうなるの?Ⅴまでやりきるのかな?って心配したりと、完結まで色々ありました。 上では色々書きましたが、富野監督他製作に関わった皆さん、本当にお疲れさまでした! そして、とっても面白いGレコをみせてくれて、ありがとうございやす!

  • ktj********

    5.0

    富野監督、最後のガンダム?

    富野さんの最後のガンダムだと思い、観てきました。個人的には2Dの戦闘シーンが多くて嬉しかったです。やっぱり観やすい。 富野さんの作品は考えさせるものが多く、現在人気のある監督の作品と比べるとわかりにくいです。 着替えるシーン、用を足すシーン、扇風機をあびるシーン。リアリティーを求めすぎるシーンが、多いです。しかし、そこに味がある。 個人的に残念だったのはMAY-Jの歌が最終話で流れなかったこと G-アルケインが変形しなかったこと もう一作品、がんばってください。

  • しーれ27

    5.0

    ネタバレネタバレでも面白い!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • iyo********

    3.0

    ネタバレ陳腐な終わり方に、首をかしげる劇伴、盛り上がりのない、普通の映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nai********

    5.0

    ネタバレ遂に完結!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ezwild

    5.0

    パーフェクトという名前は希望

    三つ巴ならぬ5つ巴?敵もモビルスーツも指揮系統も大混乱を極め、パーフェクトパックの能力も謎ばかり。展開のスピードもシリーズ随一。登場人物も見ている我々も、状況はつかめていないまま渦中に放り込まれる感じ。それでも、面白かった。楽しかった。突っ込みどころも随一で、突き抜けている。ベルリと富野監督の無双ぶりを堪能する作品です。

  • ala********

    5.0

    終わってしまった。

    うーん。SMS認証になってから、10年以上 使っている慣れ親しんだアカウントから レビューが書き込めない。 困ったなあ。こういう時、どうすれば いいんですかね?yahooさん。 まあそれはさておいて いやぁ、終わりましたね。 TV版をリアタイで観ていた時、何が起きて いたのかがさっぱりわからず、一話観終わる度に まとめサイトを目を皿のようにしながら読んで 復習していたのが懐かしい。 最終章ということなので星は五つにして おきます。 でも、エンターテインメントを含む あらゆる事柄に「配慮とわかりやすさ」 が求められてしまう昨今、あれやこれやと 労力を割きながらこういう作品を観ると いうのも、まあ悪くはないのかもしれない。 最終章はもうひたすら戦闘がメイン。 各勢力の意地と思惑がぶつかり合う中、 大気圏突入という難行も加わり、名有りの キャラ達もどんどん退場していく激しい 戦いとなる。 色恋沙汰も結構濃い目に描写されますよ。 マッシュナーとロックパイの関係は、なんだか ファラとメッチェを思い出してしまった。 ラストは・・・なんかその勢いで雑に 畳まれてしまっているようなw 何が解決して、何が解決しなかったのか 正直劇中だけではよくわからないが 生き残った面子はなんかみんな仲良く 楽しそうにしているし、とりあえず 丸く収まったんでしょう。 でも、最後の最後の再開シーンって TV版には無かったよね?ガンダムで 正妻ヒロインキャラはあまり報われない イメージだったけど、ノレドは好きな キャラなので良かった。 最後まで観て思ったのは、「この作品の 主人公はベルリじゃなくてアイーダだなあ」 という事。ベルリよりももっとたくさんの 事を経験し、たくさんの事を知り、 たくさん成長したでしょう。 なのでプラモデルはGアルケインを 買うことにします。

1 ページ/1 ページ中