上映中

劇場版ブルーバースデー

BLUE BIRTHDAY

1372022年5月27日公開
劇場版ブルーバースデー
3.5

/ 8

13%
50%
25%
0%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)


  • ron********

    3.0

    ドラマを知らずこの映画だけ観ると、特に違和感もなく観れました。

    大ヒットドラマ「愛の不時着」のチーフプロデューサー、ユン・ヒョンギが制作総括を手がけた韓国発のウェブドラマ「ブルーバースデー」の劇場版。 2021年に配信された全16話に未公開シーンを加えて再編集し、長編映画として新たに生まれ変わらせた。 初恋の相手の死の真相を明らかにするためにタイムスリップする様子を描くファンタジー・ロマン・スリラー。 ハリンは18歳の誕生日に、初恋の人ソジュンを突然亡くしてしまう。 10年後の誕生日、いまだにソジュンのことが忘れられないハリンは、遺品のカメラと彼が撮った写真を発見する。 悲しみのあまりハリンが写真を燃やすと、彼女はその写真を撮った日にタイムスリップする。 ハリンは現在と過去を行き来しながら、ソジュンの死の真相を突き止めて運命を変えるべく奔走する。 K-POPアイドルグループ「Red Velvet」のキム・イェリムがハリン、ボーイズグループ「PENTAGON」のホンソクがソジュンを演じた。 出演は他に、「モンテ・クリスト伯:The Musical Live」のイ・サンジュン、キム・ギョリュ、パク・ジュヒョンなど。 「愛の不時着」のプロデューサーであるユン・ヒョンギが制作統括を務める。 監督は、パク・ダンヒ。 脚本は、ムン・ウォニョンとク・ソヨン。 原題「BLUE BIRTHDAY」 映倫区分G 2021年作品 韓国映画 配給はローソンエンタテインメント/STORY WORKS 製作会社はPLAYLIST=CGV ICECON 上映時間137分 ウェブドラマを観ていないので、ちょうど良かったという感じ。 もうドラマは観ずにこの映画で十分網羅出来てますよね。 でも、ドラマは16話もあるので、だいぶ割愛されているんでしょうね。 ドラマはもっと色々と深く描かれているんだと思います。 ですが、ドラマを知らずこの映画だけ観ると、特に違和感もなく観れました。 まあ、若干総集編的な感じもしたけど、全然観れました。 映画だけ観ると、うまく編集してるんだなと思う。 タイムリープものは好きですが、作品によって時系列がこんがらがりますが、今作はそれはなかった。 観やすかったです。 テンポがいいので、上映時間137分とちと長めですが、全然飽きずに観れます。 まあ、でも、ちょっと詰め込みすぎな感じはしますね。 突っ込みどころもあるし、なんか引っ掛かるところもあるけど、まあ、いいかってなる。 それと、「バタフライエフェクト」の韓国版ですかね。 最初は軽いタッチのラブコメなんかなと思ってたら、とんでもなかった。 めっちゃサスペンス・スリラーでした。 このドキドキする展開の持っていき方はさすが韓国産。 特に後半はサスペンス増し増し。 最後まで予想がつかない。 上手いですね。 ただ演出は、良くも悪くも韓国映画。 ちょっとくどいですね。 しか、この映画の興行は特別料金の¥2,000。 うーん。。。特別料金でなくてもいんじゃないんですか。 それもあってから、お客さん、私いれて3人だったぞ。 ま、でも、面白かったから、ドラマも観たくなりました。 ■興行収入予想 興行的には、現段階では上映館数31館と少ない。 5月27日(金)からの劇場公開。 同日公開の作品は、「トップガン マーヴェリック」、「20歳のソウル」、「帰らない日曜日」、「劇場版ブルーバースデー」、「恋い焦れ歌え」、「瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと」、「機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー」など。 5月28日(土)からは、「犬王」が公開。 初登場圏外スタートでした。 最終興行収入は2,200万円と予想。 星3つ半(5点満点) ★★★☆

  • シン・デカパン博士

    4.0

    ネタバレ怒りの矛先。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • じょじょまる

    3.0

    ネタバレ矛盾点を誰か解説してー!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中