2022年6月24日公開

ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」

- 2022年6月24日公開
ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」
4.7

/ 47

79%
17%
2%
0%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(7件)


  • mn

    5.0

    演技力

    中村倫也さんの晴明と向井理さんの利風の対決! 素晴らしかった。見た目も美しい。内容も入り込みやすい。 実際の舞台には行けない人も居ると思うので、映画館で上映してる今観るのをオススメします。

  • xgf********

    5.0

    何度でも観たい

    泣けるシーンもありますが、笑いもありでとても楽しかったです! 舞台を観に行くことができなかったのが悔やまれます。

  • DEF

    4.0

    ゲキシネって楽しい!

    実際に舞台が観れなかったのでは、今回のゲキシネは、とても嬉しい。 大きなスクリーンで、休憩ありのフルサイズ。寄りの映像は、出演者の表情が しっかりと拝見できました。 コミカルとシリアスのバランスも良く、長尺を感じさせる事ないストーリー展開が心地良かったです。

  • kuw********

    1.0

    初めて見たゲキ✕シネ

    映画と違う魅力はあったがストーリー的にはちょっと…… 素直に眠くなった。

  • tpk********

    5.0

    迫力満点

    初めてのゲキシネですが、舞台の臨場感とシネマならではの細かい役者の表情が見られ相乗効果で最後まで食い入るように観賞しました。 役者さんのキレのある動きが素晴らしいです。アクションも見応え有り。中村晴明と向井さんの陰陽師はひたすら美しくタイムスリップしたかのよう。

  • mos********

    4.0

    今年2本目の中村倫也・吉岡里帆タッグ

    夢枕獏原作の「陰陽師」の小説、漫画、映画で安倍晴明に魅了され、以降夢枕獏以外のドラマや派生作品なども観てきましたが、本作「狐清明九尾狩」は、昨年舞台化されたものを映像にしたものでした。清明物ということだけで、殆どキャスティングを気にせずに観に行った粗忽者なのですが、主演は中村倫也、そしてヒロイン役に吉岡里帆を起用しており、5月に観た「ハケンアニメ!」の主役コンビと同じだったのは僥倖でした。相変わらず可愛げな吉岡里帆様のお姿を拝見できて、それだけでもアゲアゲな気持ちで作品に入っていくことが出来ました(笑) 内容としては、清明の幼馴染であり、また陰陽師の宗家である賀茂家の嫡男・利風(向井理)と清明の対決を描いたものでしたが、逆転に次ぐ逆転で、(最終的に清明が勝つと確信しつつも)最後まで飽きさせない展開で、非常に楽しめました。 演出としては、夢枕獏原作の映画「陰陽師」で野村萬斎が演じた重厚かつ優雅な清明像と異なり、倫也清明は一人称を「僕」と言うなど、若さというよりは子供っぽさが強調された描き方がされていて、最初はやや戸惑いもありました。ただそうした清明像も、後半以降激しいアクションシーンが連続することになる舞台劇としては、当然だったようにも思えてきました。優雅で貴族然とした清明が、激しく素早く動き回るのは、あまりマッチしませんからね。ただ、陰陽師という役柄というか位置付けを考えると、方術より直接的な武術重視になってしまった感があったのは、若干残念と言えば残念でした。まあ舞台劇なので仕方ないのでしょうが。 いずれにしても、途中休憩を挟みつつも、3時間近い長丁場の作品でしたが、最後まで集中して観ることが出来る良作でした。

  • u12t24o

    5.0

    ネタバレ雅で優美な新感線を堪能、殺陣も見応えあり

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中