上映中

きっと地上には満天の星

TOPSIDE

902022年8月5日公開
きっと地上には満天の星
3.6

/ 12

17%
33%
42%
8%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)


  • kyo********

    4.0

    母と子に幸あれ!

    想像以上にきつかった(TДT)なんて境遇の話。シングルマザーで母がジャンキーで「チョコレートドーナツ」を思い出したけれど、あれはまだ家はあった(あったと言っても全くなんとも言えない境遇だが)。そして「ルーム」も思い出した。外の世界を生まれた時から知らない子ども。 子役のリトル役、ザイラ・ファーマーちゃん、外を知らない世界熱演、地下世界でもけなげ。お母さんはニッキー役のセリーヌ・フェルド。なんと共同脚本、監督もされている☆彡演技も鬼気迫る演技でした。ラストはそんな馬鹿なと思ったけれど娘を思う母が、地下仲間のジョン(ファットリップ)から言われた言葉を胸に最後に導き出す決断は… やはり冷たいようだけれど、どんなに娘を愛していても…と考えてしまったけれど全く他人事ではないし人のこと言えませんでした(-_-;)どういう社会構造からこういう人々がたくさんいるのかと言うところがまず問題なのかなと思います。貧困と虐待ととても近いものなので一筋縄ではいかないし、繋げて制度も考えていかないといけないのだとつくづくと感じました。 タイトルからもう少し夢のある話と思っていたら過酷な現実を突きつけられました。そして原題のTOPSIDEはさらに生々しいタイトルでそれもいまいちピンと来ませんでした。 それでも若き(歳分かりませんでしたが)監督&女優のこれからを期待しています(o・ω・o)

  • mas********

    2.0

    バカ女にしか見えなかった。。。

    観ていて。バカ女、バカ女、バカ女とずっとイライラして思ってしまった。 ハハオヤのニッキーが、自身がどうして身を落とし、シングルマザーとしてホームレス生活で娘を育てているのか。 中盤で、昔、身を寄せていて、クスリ付けにされて売春させられていたのだな、と説明するかのように、助けを求めに入った部屋での顛末もイライラ。 家族として、最低の生活を共にするのか、ハハオヤとして生活環境は変えられないから、行政の庇護に委ねるのか?二者択一を表現したかったんだろうけど。 あまりにも、バカ女なんで娘が可愛そうになった。 地下生活で、地上のことを知らないまま5歳まできて、突然の逃避行に巻き込まれてパニック起こすのも当然。 地上に出てから闇雲に地下鉄乗る前に、自分も落ち着くために、娘におまじない的な説明するべきだったと思う。 「ママと一緒に、冒険するから」とかさ。。 考えなさすぎの行動が、ホームに置きざりを招いて、いなくなったペットのネコを探すみたいに行ったり来たりうろたえて。 脛に傷持つのなら、外界に出ることを考えていたら、覚悟を持って準備していてもよいのでは?自分一人なら、なんとでもなるだろうけど。 あ、その点が薄いんだ。 最近、拾ってきた子供みたいな関係に最初、感じたから。 執着しているようでしか見えなかった。 「ちくま」で連載中のブレイディみかこさんの小説はあまり子供は登場しないけど、切実に子供との生活を守ろうとしているのが分かる。 ハハオヤの娘微放置の癖に、依存している感もあるし、始終、イライラした作品でした。

  • Dr.Hawk

    3.0

    ネタバレいずれは訪れた未来だが、神様は母親に選択権と試練を与えたのだろう

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中