2022年6月6日公開

彷徨う魂

922022年6月6日公開
彷徨う魂
5.0

/ 6

100%
0%
0%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4件)


  • yso********

    5.0

    多くの人々に観て頂きたい映画です。

    映画を観終わった後は放心状態でした。自分の望むラストにはならず、しかし監督が舞台挨拶後も1人1人と話しをして下さって詳しく伺う事ができて納得しました。この日は主演の俳優さんも観客としておられてこの作品に対する思いも伺う事ができました。 最愛の家族が殺されてもあまりにも軽い日本の刑罰には疑問が多過ぎます。この映画をきっかけに動物愛護法の改正のためには自分は何をしたら良いのか深く考え、行動しなければならないと強く思いました。

  • 5.0

    ネタバレ子供から大人まで、みんなで見て考えてほしい。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gev********

    5.0

    法律って何なんでしょうか?

    残忍な方法で沢山の猫を虐待死させた非常識で姑息な犯人に、良識のある飼い主夫婦が人生を狂わされてしまう。 動物愛護法では【実刑】もあるのに何故、酷い犯行を行った犯人が刑務所には容れられずに済んでしまうのか? 我が国ではこの様に酷い動物虐待犯が逮捕され、裁判となっても実刑になったケースが一度も無い事がとても恐ろしいです。 主人公の夫も、この犯人がきちんと裁かれていればあんな事にはならなかったと思います。 人間が殺された事件でも、少年法で凶悪犯がのうのうと普通の生活をして生き続けていたり、おかしいですね。被害者家族の心情を考えると本当に憤りを感じます。 どの角度で考えても、動物や幼い子供など弱い者をいたぶり殺したり、尋常な人間のやる事では無く、許される事ではありません。 前例が無い事等は頭に入れず、裁判官裁判長は犯行の凄惨さを認識し【実刑】の判決を下して頂きたい、この映画を見て更にそう思いました。

  • さび

    5.0

    余韻が凄い!

    昨日映画を観て未だに余韻が抜けない。それほど凄い映画です。埼玉県深谷市で起きた猫虐待事件がモデルになってる作品ですがその事件を知らない人が観ても純粋に映画作品として心に刺さって抜けなくなると思います。動物虐待事件、動物愛護法、そこを考えるきっかけになる映画ですがそこ限定で映画の感想を伝えるのはもったいないかな。魂ごと引きずり込まれる上質な映画です。

1 ページ/1 ページ中