2022年8月5日公開

プレデター:ザ・プレイ

PREY

992022年8月5日公開
プレデター:ザ・プレイ
3.6

/ 60

27%
30%
27%
7%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(22件)


  • ron********

    4.0

    ネイティブアメリカンVSプレデター。 ほぼその一本で押し通す。

    1987年公開の第1作を皮切りに、クロスオーバー作品も含めてこれまで6作品が製作されてきたSFアクション「プレデター」シリーズに連なる一作。 300年前のアメリカを舞台に、ネイティブアメリカン最強の部族に生まれ育ち、自身も戦士である女性ナルが、宇宙から飛来した高度な科学技術を有する危険な戦士プレデターを相手に、壮絶な戦いを繰り広げる。 Disney+で2022年8月5日から配信で、劇場公開はありません。 「X-MEN」シリーズのスピンオフドラマ「レギオン」や映画「アイス・ロード」などに出演し、自身も実際にネイティブアメリカンの血を引く俳優のアンバー・ミッドサンダーが、誇り高き戦士ナルを演じた。 出演は他に、ダコタ・ビーバーズ、デイン・ディリエグロなど。 監督は、ドラマ「ザ・ボーイズ」や「ブラック・ミラー」、映画「10クローバーフィールド・レーン」を手がけたダン・トラクテンバーグ。 脚本は、パトリック・アイソン。 原題「Prey」 2022年作品 アメリカ映画 配給は、Hulu (US)、Star+ (Latin America)、Disney+ (International) 上映時間 お、これは面白い。 正直、「プレデター」シリーズの作品は、シュワルツェネッガーの1作目はさておき、「プレデター2」以外、みんなあんまり大した事ないですが、今作がシリーズ最高傑作になると思う。 シリーズの他の作品の前日譚となり、プレデターの地球への最初の旅が描かれています。 ネイティブアメリカンVSプレデター。 その一本。 ちょっと白人もいますが。。。 ほぼその一本で押し通す。 プレデターの殺し方がめっちゃいい。 めっちゃいいなんていうと、頭がおかしいと思われるかもしれませんが、この殺し方、いや狩の仕方がプレデター好きにはたまらん。 展開的にはほぼ人殺しホラー映画と一緒です。 「ジェイソンやブギーマンとどこが違うんや?」ともなりがちですが、これが怖さはなく、なんかワクワクするんですよね。 私、映画を観すぎて頭がおかしくなってるんだろうか。。。 いや、でもやはり格好いい。 プレデターは殺戮者ではなく、戦士なのだ。 ストーリーもとてもシンプル。 ストーリー的には、シュワちゃんの第1作と大差はありません。 とにかく、人間がプレデターと逃げて逃げて闘う。 プレデターだけではなく、オオカミやクマとも逃げて逃げて闘う。 ネイティブアメリカンの武器は、投げ斧や弓、縄という超アナログ。 シュワちゃんの時とは闘い方が違う。 肉弾戦もある。 それがまたなんか萌える。 ちょっと銃も使ったりはしますが。。。 おそらくドローンではない空撮も格好いい。 映像も格好いい。 音楽の雰囲気もいい。 強いていうなら、逃げ他はバトルシーンばっかりなので、ドラマ的な要素はほぼなく、とても浅い。 でも、この映画はそんなところに重きを置かない。 ブレていない。 これがいい。 もう一ついうなら、クライマックスをもっと盛り上げて欲しかった。 もう一山あってくれたら。 しかし、この作品は劇場で公開してもヒットしないやろうなぁ。 プレデターファンしか喜ばんだろう。 でもやっぱり、映画館で観たかったなぁ。 ■興行収入予想 興行的には、Disney+で2022年8月5日から配信で、劇場公開はないのでありません。 ちなみに、1987年のアーノルド・シュワルツェネッガー主演の「プレデター」は、北米で6,000万ドル、全世界で9,820万ドル、日本で約12億円の興行収入。 1990年の「プレデター2」は、製作費3,500万ドルで北米で3,000万ドル、全世界で5,700万ドルの興行収入。 2010年の「プレデターズ」は、製作費4,000万ドルで、全世界で1億2,700万ドルの興行収入。 2018年の「ザ・プレデター」は、製作費8,800万ドルで、北米で5,100万ドル、全世界で1億6,000万ドル、日本で6.6億円の興行収入。 2004年の「エイリアンVS.プレデター」は、製作費6,000万ドルで全世界で1億7,254万ドル、日本で16.8億円。 2004年の「AVP2 エイリアンズVS.プレデター」は、製作費4,000万ドルで全世界で1億2,888万ドル、日本で10.7億円。 プレデター自体のキャラは人気ですが、映画自体はそんなにヒットしているシリーズではありません。 星4つ(5点満点) ★★★★

  • Miroku

    3.0

    ネタバレ桜田ひより+長谷川唯

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bkxt

    1.0

    いやいや。

    巨大熊を簡単に殺せるプレデターを人間ごとき、しかも女が倒せるわけねぇべ!男たちが集団で武器使って倒したとかならわかるけどさ、、タイマンならシュワちゃん以外勝てねぇべ! 最近のこういう洋画って女を主人公にしがちだけど別にそこは男でも誰も文句いわねぇべ!逆に女が主人公で化け物倒すことに違和感しかないわ

  • tak********

    3.0

    ダラダラと…

    なんというか…なかなかプレデターは襲ってきません。主人公の女性は、やたらと気を失います。見えない脅威が売りのプレデターですが、結構すぐに見え始めます。ひたすら歩くシーンとか、手を洗うシーンとか…なんかダラダラと長いです。

  • joe********

    1.0

    ネタバレなんじゃこりゃ?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • やふたろう、やふこ

    3.0

    サリイが死なないのがポイント高い

    紀元前3000年にエイリアンとバトってた頃からレーザー砲使ってたのになぜか1700年に現れたプレデターのレーザー砲がミニ矢発射装置になっている。 ステルス技術に宇宙船も持っているので、対原始人肉弾戦仕様プレデターなんだと自分に言い聞かせた。 いつも通り舐めてる味方から先に死んで、親しいキャラは終盤に死ぬ。 ワンコのサリイが死ななかったのが良かったですね。ポイント高いです。

  • sgj********

    2.0

    どんくさい女戦士

    女が主役のこの手の映画はイライラして仕方ない 予告では女戦士が大活躍だったけど、この女が動けば動くほど人が死んでいく もう、じっとしてくれって思うぐらい そろそろプレデターも、エイリアン2の様な本格的にプレデターと戦う 海兵隊系の戦闘ものが見てみたい

  • どぅんが

    3.0

    ネタバレハンデ?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • lon********

    1.0

    ネタバレオリジナルの劣化リメイク?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • BDTM21

    4.0

    原点回帰な起源のお話はシンプルで面白い

    自宅レイトショーDisney+『プレデター:ザ・プレイ』 プレデターといえばシュワちゃん1987バージョンが一番面白かったんですが・・・ この新作は、近未来ではなく300年前って設定 狩猟しながら生活する民族の少女が、ハンターとして成長しながらプレデターと対峙するストーリー 近代武器を使わず技を磨いて頭を使って挑む姿が、新鮮です。 シリーズ好きならテンポもいいし99分とシンプルに楽しめると思いますよ。

  • ムービークリニック

    4.0

    ほし よっつ

    プレデターシリーズ第5弾ということですね。これで知ったのですが『VSエイリアン』はシリーズとは無関係ということがわかった。 プレデターは第1作のシュワちゃんの作品がめっちゃ好きで(笑) SFモンスターが大好物の自分は、とにかく武器で戦うのが好きである。昭和怪獣好きだからか(笑) シュワちゃん率いる傭兵チームがごっついマシンガン持ってる部下たちとプレデターとバトルする第1作は夢のような展開であった。その後のシリーズはスピンオフ的な内容で、宇宙舞台の別惑星だったり一般地域での物語だったり。少し毛色の変わった作品だった。 今回のプレデターは、前日譚。第1作から300年前。ネイティブアメリカンの女性主人公がプレデターと対決するのだ。こりゃワクワクだぞー(笑) 第1作で現地の女性が言っていた『夏の暑い時期に森に悪魔が舞い降りる』。地元の言い伝えが蘇る。 設定では今作で初めて地球に狩に来たということだ。一体これまで何体のプレデターが地球に来てんだろという興味は湧く。 ナイスなのは相変わらずのハイテク武装だが、第1作からみるとスタイリッシュな鎧とか光線砲とかはないんです。電磁誘導弓だとかショットガン的威力の銃は武装してるようだが、第1作より装備を古臭く見せてるのは見事な設定。 300年前の時代のネイティブ・アメリカンなので武器は斧や弓や棍棒だ。どう考えても相手にならんとも思えるが、ここで蘇るのがシュワちゃんのサバイバルバトルなのだ。 主人公女性ナルと行動をともにして助けてくれたり助けられたりする犬の存在、途中から何故かプレデターを追ってくる白人集団、武器は単発のライフル、このふたつが単調になりそうな物語にアクセントつけてくれてるんですよ。 プレデターの弱点の視力と温度感知も存分に主人公は活用して戦う。 とにかく今回はポスターにあるようにプレデターの光る血とナルたちが浴びる人間の血。 このふたつの強調が印象的。とにかく血が流れる。ナルの顔もいつも血だらけだ。 凶暴で野獣のようなモンスターで見た目もそうなんだけど、プレデターって外宇宙を飛んでくる宇宙船を作ってる種族、ハイテク武器も製造だ。光学迷彩もこの時代から使ってる。優秀な知能もあることは予想できる。ただ好戦的で残忍な生き物かと思うがね。 今回は主人公のナルには女性からなのか手を出さないんですよ。武器をもっていてもだ。 俺は女には手を上げない、などという硬派なドラマは数多くあるがその気質を持ったプレデターが来たんだろう(笑) でもラストはナルと兄の共同バトルで見事に戦うのだ。 プレデターも全力攻撃。 これは面白かったよ。90分くらいにまとめた無駄がないストーリー展開。襲来から部族間のいざこざ、ナルの成長と白人の理不尽な介入、捕まるナル、そして途中何度も繰り返されるプレデターのバトル。 これだけの詰め込みを楽に魅せた監督と脚本はすごい。 ただマシンガンもガトリングも出ないプレデターは地味に見えちゃう人も多いのかな。 300年前のプレデターの第一陣がこの結果。きっと2人目は気合入れて武装してくるんだろうな(笑)と思うとまたワクワク感が増幅してくる。

  • こりゃまたたまげた

    4.0

    ディズニー映画ではありませんよ

    このクオリティで劇場公開されずに配信のみというのは何とももったいない。 映画館に足を運んだ結果、観て失敗してしまう作品も多いなか脚本もよくまとまっていて多少先読みできてしまうものの 間延びせず最後までテンポ良く楽しめた。 Disney+は配給元の一つなだけで、製作には一切携わっていないのでは?

  • ねぎー

    2.0

    ネタバレ予告は良かったが。。。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Sky first

    1.0

    無駄に

    野生動物の殺戮がこれでもかと行われるので不快。 プレデターシリーズなんだから当然だろと思う人もいるだろうが、無駄な狩りはしないのがプレデターですから。単に製作者の悪趣味が出ているだけ。そういう露悪趣味が至る所に見られるので展開も単調。 なんだかんだで1,2からの正統的アクション映画が不快なグロテスクホラーに堕してしまったので見る価値はありません。

  • あんぱんまん

    5.0

    真面目なプレデターの映画

    不安もありましたが、きちんとプレデターしてた作品でした。 相手がインディアンなので、プレデターの武器も原始的なアレンジもしてあり、今までになかった魅力となっています。骸骨の様なマスクも不気味で良いです。 ストーリーの流れはおそらく想像通りの展開となっています。ただ映像が綺麗なので、観ていて安っぽさなどは感じませんでした。 主人公の女性は予告編では微妙でしたが、本編を観ると魅力的で応援しやすいキャラクターに変わりました。 変にコメディ要素を入れずに真面目に作ったプレデターの映画という印象です。この作品ならではのプレデターの魅力もあります。ここ最近のプレデター映画の中では当たりに入ると思います。迷ってるなら観ても損はないかと思います。予告編よりは見せ場もたくさんありました。

  • mid********

    2.0

    プレデターは単純ないい奴か?

    単純に体技、武器、知力を尽くしての闘いは面白いな。今度の戦士は土民の女子! 冒頭から女子の飼い犬が側に要るのだが、キー"ワン"になって女子を庇って死んで涙を誘う気だな・・とよんだが、最後までキャンとも言いやがらなかったぜ(・・;) まぁお約束で、プレデターの真面目な戦士ぶりに、知恵の地球人の勝利てなところかな・・? プレデターは負けてばっかで、大挙して攻めて来ないんだな?また、負けなきゃどうなんだろう? とか、考える辺り、分かりやすい作品だが、評価できるかな(^^)

  • yas

    4.0

    予想外の面白さ

    最近のプレデターに比べたら はるかに面白い 森の中がプレデターには合うのかも アクションも良く見て損はない プレデター2を見ておくと また良いかと

  • kot********

    5.0

    非常に良かったです

    プレデターは 1.2 以外は正直微妙でしたが 今回は当たり。 ツッコミどころは 確かにありますが 映画ですしね、、 良い意味で期待を裏切ってくれましたので5ですね 何故劇場公開にしなかったのかな?

  • san********

    4.0

    えっ。まさかの良作。

    ディズニー+で配信されたので鑑賞。 ここ数作のプレデター関連の駄作具合には、リングシリーズを彷彿とさせる物を感じていました。 自ら作り出したカリスマ的キャラクターを自ら潰すと言う点では類似してる。 エイリアンシリーズもそれに近いが割と持ち堪えてます。 なので個人的に大好きなプレデターというキャラクターもさる事ながら量産されるただのB級スプラッタームービーに成り下がった最近の作品群にはもうやめてくれと願うばかり。 今作も自ずとそのハードルは最底辺まで下がっていました。 それを差し引いてもまさかの良作。 素晴らしい出来だった。 もちろん100点ではない。 75点くらいでしょうか。 ただオリジナル1.2に次ぐ良作だと僕は思います。 何が良かったか? まずプレデターと言うキャラクター設定が既に視聴者の頭にインプットされている為余計な設定説明を省けている事。 本作のプレデターのマスクはニューデザインだが複数の種類があると言うのは多作でもわかっている為なんの違和感もない。 時代設定。 主役を少数民族に絞った事。 自ずと少数キャラになり無駄なキャラ説明も不要である事。 殺し方、死に方が他作とは違い物理的に理に適っており芸術的ですらあった。 もちろんプレデターと言う異星人のとんでもない力を有してだが。。 本作は全編通してコメディ要素を少しも入れず死に対する下品でブラックな笑いの誘いもない為、徹底したサバイバルスリラーとして出来ている。 今までの安っぽさは無くなっていた。 カメラワークも異様に凝っている。 ここも他作とは違う。 臨場感とスピーディかつソリッドで美しい映像。 ストーリーも単純かつ無駄を全て削ぎ落としたかのような対プレデターのみの潔い話。 オリジナルをリスペクトしている多々あるシーンも嫌味なくかつ新しくリフレッシュされている事。 もちろん悪かった所やツッコミどころもある。 まず、プレデターの装備。 1700年代であったが他作のプレデターより明らかに武器の性能が遅れているのだが、これは別に良い。300年も前だしプレデターの装備もそれなりに遅れているのだろう?と思ったがよく考えたら番外編のAvPで流れた太古の映像では今回より進んだ武器だった。 そして殆どが物理攻撃なのだが光学迷彩のクオリティだけは凄まじい。 であればやっぱりレーザーキャノンも装備してほしかった所。 今回は誘導矢だったのだが『あるラストの設定』の為なのか、はたまたプレデターのキャラクター上狩る人間に合わせて装備も変えているのかな? 次に強すぎる主人公補正。 これはそのまま。 補正が過ぎる。プレデターによる怪我が皆無とはシュワちゃんも驚きです。 さすがにラストバトルはうーーん。と頭を傾げたくなるシーンが多い。 その他細かい部分を言えばそれなりに目に付いた所がありますが、作品全体の雰囲気や話の流れ上、ストーリーを破綻させるようなものは無く、気にならない程度でまとめられたかな?と言う印象。 『プレデター』と言うシリーズ化されネガティブなイメージのせいで全く期待せずの鑑賞だったが、話が進むに連れ本作の出来は気のせいでは無く確たる物だと普通に楽しんで観れた。 良作だと思います。 プレデター映画としては『正解』の作品。 おススメです。

  • 4.0

    初代好きならたまらないセリフが…

    近代でしかプレデターを扱ってなかったから最初のストーリー展開に違和感や退屈感を味わうかもしれないが奴が出て来てからは一気にジェットコースターみたいに話が進みます。とはいえライオンやクマ狩りのシーンは観るものがあります。自然って怖いなぁとまじまじと感じさせられます。プレデターの武器はスピアーを高速で発射させる武器と盾が見所。スピアーを回収するのが進化前らしくて時代背景をうまく表していると思う。その他フライングディスクの進化前らしい武器と後に現地調達で調合出来る様になる回復薬は今回は専用インジェクション。この時代でもすでにチート化しているけど奴らの進化前と未来の進化した武器を考察するのも非常に楽しい。これはこれで有りという感じで観てもらえれば凄く良い作品でした。

1 ページ/2 ページ中