オリビアちゃんの大冒険

THE GREAT MOUSE DETECTIVE

-
オリビアちゃんの大冒険
2.8

/ 11

9%
27%
18%
27%
18%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(4件)

かわいい14.3%コミカル14.3%楽しい14.3%悲しい7.1%かっこいい7.1%

  • カーティス

    3.0

    80年代にしては古臭いような

    シャーロックホームズをネズミに置き換えたディズニーアニメ。19世紀のベイカー街。名探偵シャーロックホームズ…の家に住んでいるネズミ探偵バジルが、謎の誘拐事件の裏に潜む陰謀に挑みます。 とにかくテンポがいい作品です。開始数分で誘拐事件が起き、15分くらいで主要人物がそろい、そこから見せ場に次ぐ見せ場でクライマックスへと突き進んでいきます。飽きやすい子どもたちに最後まで見てもらうための工夫なのでしょうが、おかげで大人の私もダレることなく最後まで楽しめました。 そんなわけで悪い作品ではないのですが、全体的に華がありません。バジルにしても悪党のラティガンにしても、デザインも性格も地味で、パッとしません。演出や音楽にしてもそうで、丁寧で良質ではあるのですが、地味なのです。一緒に見ていた家族が、本作が80年代の映画と知って「もっと前の映画だと思ってた」と言っていましたが、そう言われても仕方のない古臭さが漂っています。(クライマックスのアクションシーンはとてもダイナミックで、古臭さを払拭していましたが) もちろん地味なことが悪いとはいいませんが、この作品に関してはマイナスに働いているように感じます。とにかく印象に残りにくいのです。もう少しハッタリをかましても良かったのかも。

  • coo********

    2.0

    ネタバレたんていバジルの冒険でしょう。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oug********

    1.0

    つまらない訳ではないが…黒歴史?かも?

    【総合評価】1 ◎この映画を観た方がいい(と思う)人 ・ディズニー映画はすべて面白い ・「ライオン・キング」と「ジャングル大帝」は似ていない ・「アトランティス 失われた帝国」と「ふしぎの海のナディア」は似ていない ×この映画を観なくてもいい(と思う)人 ・12歳以上 ・本当のところネズミあんまり好きじゃない ・アニメーション技術で感動することはない !これが言いたい ・クリエーターが優秀でもプロデューサーのセンスが残念だとひどい映画になる代表例。なぜなんだろうか。なぜこんなにひどく感じるのだろうか。 ・終盤で「ルパン三世 カリオストロの城」を思い出す人がいるかもしれない。 ・ミッキーに代わる人気ネズミキャラクターでも作ろうとしたのか。おてんばな太っちょ女の子とクセのあるイケメン紳士のネズミ。どっちもかわいくない。 ♪その他 ・1989年公開(日本) ・EPはマイケル・アイズナー、Pはフランク・ウェルズ。…他にいなかった? ・監督&脚本はロン・クレメンツ、ジョン・マスカー等 ・総合評価の基準(アバウト) ★5⁺…誰かに薦めたい ★5 …また観たい(DVDレンタルする) ★5⁻…映画館に来てよかった/映画館で観たかった ★4 …観てよかった。でも1回でいいや。(DVDレンタルしない) ★3 …時間とお金をムダにしたとは思わない。    でもタイムマシンで過去に戻れたら観ない。 ★2 …時間とカネ返せや ★1 …制作スタッフに嫌悪感

  • ese********

    4.0

    ディズニーが初めてCGを使った映画

    「シャーロックホームズ」をネズミに置き換えたパロディー映画です 悪党ラティガンに誘拐されたお父さんを救出すべく 名探偵バジル、軍医ドーソンと共に出発したオリビアちゃん 道中、今度はオリビアちゃんが誘拐されて・・・ タイトルからオリビアちゃんの活躍を期待したのですが メインとなるのは名探偵バジルと宿敵ラティガンの対決 オリビアちゃんは途中でさらわれてしまい冒険も活躍も少なめです でもお子ちゃまパワー全開のかわいさは犯罪級です 愛おしいキャラクター達にシンプルで分かり易いストーリー そんないつもの王道に推理要素がスパイスとして効いてます 探偵であるバジルもさることながら 宿敵ラティガンの作戦も見事なもの 敵も味方も知能派ってのはディズニーとしては珍しいです 「チャンスはまだある、こちらが諦めなければ」 バジルが自分に言い聞かせるようにドーソンに言ったセリフです この信念こそがディズニーのメッセージですね でも途中でバジルは追い詰められ諦めちゃいます おいおい、さっきのセリフ何だったんだよー とつっこみいれたくなるような諦めようです そこはドーソンが起点となり回避 バジルとドーソン、なかなかの名コンビです 一人で出来ない事も二人で協力すれば出来るんだぜ さりげないメッセージですね ラストの時計台(ビッグベン?)での死闘は ディズニーが本格的にCGを使ったシーンでもあり かなり見応えがありますが 盗作なのか似てしまったのか『カリオストロの城』にそっくりです バジルの名前がシャーロックホームズを演じた俳優から拝借されていたり バジルの住居がベーカー街211B(ホームズの住所)だったりと ホームズの設定がいろいろ活かされているようですので ファンの方ははより楽しめるんではないでしょうか 影でのカメオ出演もあります おもしろい映画なのに知名度が低いのは ディズニーには魅力的なネズミキャラが多すぎて オリビアちゃん達はその中に埋もれてしまってるからだろうな 屋根裏でうっとおしく走リ回っているネズミも 依頼を受けた名探偵バジルかもしれない そう思えればちょっとだけ気は楽になりますね

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
オリビアちゃんの大冒険

原題
THE GREAT MOUSE DETECTIVE

上映時間
-

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-