ここから本文です

オリビアちゃんの大冒険 (1986)

THE GREAT MOUSE DETECTIVE

監督
バーニー・マティソン
ジョン・マスカー
ロン・クレメンツ
デイヴ・ミッチェナー
  • みたいムービー 4
  • みたログ 22

2.90 / 評価:10件

ディズニーが初めてCGを使った映画

  • lotus さん
  • 2009年8月8日 19時00分
  • 閲覧数 1873
  • 役立ち度 12
    • 総合評価
    • ★★★★★

「シャーロックホームズ」をネズミに置き換えたパロディー映画です

悪党ラティガンに誘拐されたお父さんを救出すべく
名探偵バジル、軍医ドーソンと共に出発したオリビアちゃん
道中、今度はオリビアちゃんが誘拐されて・・・


タイトルからオリビアちゃんの活躍を期待したのですが
メインとなるのは名探偵バジルと宿敵ラティガンの対決
オリビアちゃんは途中でさらわれてしまい冒険も活躍も少なめです
でもお子ちゃまパワー全開のかわいさは犯罪級です

愛おしいキャラクター達にシンプルで分かり易いストーリー
そんないつもの王道に推理要素がスパイスとして効いてます
探偵であるバジルもさることながら
宿敵ラティガンの作戦も見事なもの
敵も味方も知能派ってのはディズニーとしては珍しいです

「チャンスはまだある、こちらが諦めなければ」
バジルが自分に言い聞かせるようにドーソンに言ったセリフです
この信念こそがディズニーのメッセージですね

でも途中でバジルは追い詰められ諦めちゃいます
おいおい、さっきのセリフ何だったんだよー
とつっこみいれたくなるような諦めようです
そこはドーソンが起点となり回避
バジルとドーソン、なかなかの名コンビです
一人で出来ない事も二人で協力すれば出来るんだぜ
さりげないメッセージですね

ラストの時計台(ビッグベン?)での死闘は
ディズニーが本格的にCGを使ったシーンでもあり
かなり見応えがありますが
盗作なのか似てしまったのか『カリオストロの城』にそっくりです


バジルの名前がシャーロックホームズを演じた俳優から拝借されていたり
バジルの住居がベーカー街211B(ホームズの住所)だったりと
ホームズの設定がいろいろ活かされているようですので
ファンの方ははより楽しめるんではないでしょうか
影でのカメオ出演もあります


おもしろい映画なのに知名度が低いのは
ディズニーには魅力的なネズミキャラが多すぎて
オリビアちゃん達はその中に埋もれてしまってるからだろうな


屋根裏でうっとおしく走リ回っているネズミも
依頼を受けた名探偵バジルかもしれない
そう思えればちょっとだけ気は楽になりますね

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ