ここから本文です

俺たちは天使じゃない (1955)

WE'RE NO ANGELS

監督
マイケル・カーティス
  • みたいムービー 14
  • みたログ 109

3.88 / 評価:33件

うわぁ、懐かしっ!

  • shp***** さん
  • 2018年11月27日 8時58分
  • 閲覧数 193
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

................................................................................................
刑務所にいたロバートとショーンが、主犯に巻き込まれて脱獄するハメに。
そして何とかカナダに国外逃亡しようとしたが、国境の橋の警備が厳しかった。

そんな時、教会に来る予定だった2人の神父と間違われる。
それに便乗して神父になり切るが、何度もバレかけては何とかしのぐ。
やがて彼らへの射殺命令が出てることを知り、警察犬まで出て来る。

そんなある日、カナダまで大勢で行く教会行事があった。
しかしそれには体の不自由な子供を連れて行く必要がある。
なので口と耳の不自由なデミの娘を連れて行った。

そこでひと悶着起こり、橋から娘が落下。ロバートが飛び込む。
そして命を救い、奇跡がが起こって子供が口をきけるようになる。
そこで言ったのは、この人達は脱走犯ということだった(場)

それを知った一部の人間は、聞かなかったことにしてくれる。
ロバートはデミと娘とで堂々とカナダに亡命。
ショーンは教会の居心地が忘れられず、アメリカに残る。
................................................................................................

この作品、高校の仲良し3人組で初めてレンタルビデオの会員になった時、
うち1人が最初に借りた作品。当然みんなで回し見た。
残る2作品はメジャーリーグとロジャーラビットやったのも覚えてる。

当時の仲間うちでの評価は「まあまあおもろい」だった。
世の中を少しは知った今、改めてみると「やっぱり面白い」。
内容は部分的にすら覚えてなかったが、非常に楽しい作品。

ほぼコメディみたいな感じだが、奇跡の起き方が面白い。
昔の作品ってこういうバカ楽しいのが時々あるからいいよね。
なお当時は映画など見たことが無く、ロバートもショーンも知らんかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ