ここから本文です

折れた矢 (1950)

BROKEN ARROW

監督
デルマー・デイヴィス
  • みたいムービー 3
  • みたログ 28

4.60 / 評価:9件

映画レヴェナントを思い出した。

  • 映画を飲む! さん
  • 2018年1月10日 21時32分
  • 閲覧数 156
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

折れた矢

1870年アリゾナ州

白人とアパッチ(インディアンの系統)が殺し合いを繰り返し、闘っていた。
(お互いの家族、子供なども殺されていた。)

白人の主人公が敵であるアパッチの少年を瀕死の状態から助けた事で、囲まれたアパッチ達に殺されず帰宅した。

主人公は戦争を緩和させる為に、アパッチの文化と言葉を学び、一人でアパッチ族の村に乗込み酋長と交渉を試みる。

酋長と主人公は共に共存する為、奮闘する。

◉82D点。
敵を知り、己を知るも、我慢なり。


妻の父に勧められ、観賞しました。
昔の映画は面白いんですね。
全く違和感なく観賞して、楽しめた。




◉ネタバレ保管記憶用

アパッチ族の女性と結婚した主人公。
アパッチ族の文化を学び、平和に暮らす事を望んだ。

平和条約を結び殺し合いは無くなったが、白人やアパッチ族の反乱分子が攻撃しかけ、主人公や女性が撃たれて女性は殺される。

怒りに満ちた主人公は酋長に堪え、耐えろと言われ、平和を続かせる事を選ぶ。 完。

★彡主人公の嫁さん可愛かったなぁ〜

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ