ここから本文です

折れた槍 (1954)

BROKEN LANCE

監督
エドワード・ドミトリク
  • みたいムービー 0
  • みたログ 10

3.25 / 評価:4件

家族内の確執・・・

  • tot***** さん
  • 2013年6月2日 8時00分
  • 閲覧数 504
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

死んでしまった白人の先妻、先住民である後妻、そしてそれぞれの間にできた息子たち・・・。父親が一代で築いた大牧場。人種差別の地域でもあり、また牧場経営の面からも家族内での対立が・・・。先妻との息子3人VS父・母・混血である息子の計3人というかたちかな。配役的には、子供の時から父親に厳しく育てられた長男をR・ウィドマーク、先住民である優しい母親をK・フラド、強く威厳ある父親をS・トレイシーが好演している。混血役の主役格R・ワグナーはそんなに目立たない。やはり演技力・存在感の格の違いか。特に裁判所でのS・トレイシーの我の強さ、ラストのK・フラドの表情には感動。K・フラドは「真昼の決闘」でも酒場女を演じていましたが、とてもイイ役で印象深かった。この人に0.5加算の☆4つ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ