ここから本文です

女ガンマン・皆殺しのメロディ (1971)

HANNIE CAULDER

監督
バート・ケネディ
  • みたいムービー 11
  • みたログ 60

2.97 / 評価:34件

敵役の3兄弟がアホすぎて笑えます。

  • mal***** さん
  • 2014年3月26日 16時01分
  • 閲覧数 1034
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

1971年のイギリス製西部劇です。

日本では劇場未公開作ですが、テレビでは何度も放送されたことがあるはずなので、ご覧になったことがある人も多いのでは?

製作当時グラマー女優(死語ですな)の筆頭だったラクエル・ウェルチが女ガンマンとなって夫を殺し、自分を汚した悪党3兄弟(かなりマヌケです)に復讐を果たすという物語。

途中でウェルチに銃の手ほどきと人を殺す心構えを説き、意外なほどあっさりと3兄弟に倒される賞金稼ぎをロバート・カルプ、拳銃作りの職人をクリストファー・リー(さすがイギリス製作!)、そして悪党3兄弟の長男をアーネスト・ボーグナインがこれ以上はないほどの悪役顔で演じております。

なんで3兄弟は行く先々で銀行強盗を失敗するのか?なんで3兄弟は保安官に逮捕もされず自由に町をぶらつくことができるのか?最後にウェルチを助けた男性は何者なのかといった疑問が山積みのまま展開されますが、予想以上にウェルチのスタイルがセクシーだったりすることで、それらの疑問も気にせず楽しめる(気になる人は、とことん気になるでしょうね)、なんとも不思議な西部劇で、シリーズ化されてないのがもったいないです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • セクシー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ