ここから本文です

女と女と女たち (1967)

WOMAN TIMES SEVEN

監督
ヴィットリオ・デ・シーカ
  • みたいムービー 11
  • みたログ 17

5.00 / 評価:4件

もう一人の魔女

  • bakeneko さん
  • 2009年1月21日 14時26分
  • 閲覧数 665
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

シャーリー・マクレーン主演の7つの短編を、名匠ビットリオ・デ・シーカ監督が監督した喜劇集であります。
「華やかな魔女たち」の姉妹編( 第1話&第5話のチェザーレ・ザヴァッティーニの脚本集)である本作は、
前作が全てシルバーナ・マンガーノ主演による7つのオムニバスであった様に、
シャーリー・マクレーン主演の7つの短編のオムニバスとなっています。
だだ、7人の監督が製作した「華やかな魔女たち」と異なり、
全て(前作ではトリを務めた)ビットリオ・デ・シーカが監督しています。
そして、監督を一人にすることで作品ごとの”監督によるカラーの違い”を楽しむことは出来なくなっていますが、逆にいえば安定した高水準の出来の作品集になっています。
綺麗で芸達者なシャーリー・マクレーンの7+α変化はもちろん、豪華なゲストスター(ピーター・セラーズ、マイケル・ケイン、ヴィットリオ・ガスマン、ロッサノ・ブラッツイ、アニタ・エクバーグ、アラン・アーキン...。)を楽しめる御得な映画であります。
そして、リズ・オルトラーニが素晴らしくロマンチックな曲を提供しています(サントラは手に入りにくいので、このDVDで鑑賞しては!)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ