レビュー一覧に戻る
女はそれを我慢できない

女はそれを我慢できない

THE GIRL CAN'T HELP IT

99

pbx********

4.0

女はそれを我慢できない

酔いどれ宣伝マンのミラーは音楽業界で一儲けを企むギャングのボス、マードックに恋人のジェリをスター歌手に仕立て上げるよう命じられるが、彼女は容姿端麗だが歌の才能は無く・・・ ロックンロール全盛期の1956年に製作されたコメディ映画 製作・監督は「底抜けコンビのるかそるか」のフランク・タシュリン 主演のジーン・マンスフィールドはマリリン・モンローをはじめ、ブロードウェイ、ハリウッドで活躍した50年代を代表するブロンドのセックスシンボルの一人。 見所は劇中登場するミュージシャン達のパフォーマンスで、表題曲「The Girl Can't Help It」他「Lady Teddy」等を熱唱するリトル・リチャードを筆頭にジーン・ビンセントの「Be Bop A Lula」、エディコクランの「Twenty Flight Rock」、ファッツ・ドミノの「Blue Monday」、ザ・プラターズの「You'll Never Know」、そしてジュリー・ロンドンの「Cry Me a River」他17曲を本人達が出演して披露しています また、作品では歌の才能がないジュリ役を演じたジーン・マンスフィールドですが本人は 何枚かのアルバムを発表していて65年にはジミ・ヘンドリックスの演奏で「As The Clouds Drifft By」、「Suey」の2曲をレコーディングしています

閲覧数567