レビュー一覧に戻る
女はそれを待っている

女はそれを待っている

BRINK OF LIFE/NARA LIVET/SO CLOSE TO LIFE

88

kow********

4.0

ネタバレ女は赤ん坊を待っている

タイトルにある“それ”とは、赤ちゃんの事だろうか? 産院の病室を舞台にして、ベルイマン映画の常連女優=イングリッド・チューリン 、エヴァ・ダールベック 、ビビ・アンデショーン等が繰り広げる密度の濃い人間ドラマ。彼女達の夫役にマックス・フォン・シドーやエルランド・ヨセフソンも顔を見せている。 子供が欲しかったのに流産したイングリッド・チューリン、楽しみにしていた出産なのに死産するエヴァ・ダールベック、中絶に失敗して未婚の母になる決心をするビビ・アンデショーンの心情を追う。 晩年に、舞台演劇的な、セリフに頼った映画をいくつも作るベルイマンだが、1958年制作のこの映画に、すでにそのかたちが見られて興味深い。 映画は、病院の外に一度も出ない。展開はすべて女優たちの台詞に委ねられている。ゆえに芸達者な彼女たちの存在感が観どころとなる。 バルブロ・ヒオルト・アフ・オルネス扮する看護婦が、患者たちの心の支えになっていて、印象に残った。

閲覧数399