ここから本文です

女はそれを待っている (1958)

BRINK OF LIFE/NARA LIVET/SO CLOSE TO LIFE

監督
イングマール・ベルイマン
  • みたいムービー 2
  • みたログ 21

3.80 / 評価:5件

素晴らしいマタニティ映画!

  • mom******** さん
  • 2013年12月3日 2時45分
  • 閲覧数 884
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

二児の母です。

三人の立場が違いながらも『妊娠』という共通点を持った女性達の心の葛藤や不安や孤独、そして最大の不幸とそれによる大きな変化。

素晴らしいストーリーとかかくあるべきですが、それが『妊娠、出産』というテーマで描かれている作品は珍しく、経験した者としては大変感動しました。
さすが、巨匠。

ラストの母親との電話のシーンは涙が出そうでした。
看護師さんはじめ、立場が違っても女性の中にある『母性』をそれぞれに感じるとともに、医師はじめ男どもの情けなさというか他人事のような腑抜けた態度が対比として描かれていて、大変良かったです(笑)

しかし新生児が引き出しに入っていたり、臨月の妊婦さんがお酒を飲んだりするのにはビックリ!!
時代が違うから?スウェーデンだから!?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ