ここから本文です

青空に踊る (1943)

THE SKY'S THE LIMIT

監督
エドワード・H・グリフィス
  • みたいムービー 0
  • みたログ 25

3.36 / 評価:11件

My Shining Hour♪

  • bakeneko さん
  • 2019年11月13日 7時57分
  • 閲覧数 24
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

太平洋戦争真っ只中の1943年に作られたアステア主演のミュージカルでお相手はジョーン・レスリー。休暇中のパイロットと女性カメラマンのロマンスを当時の愛国風潮ともども活写しています。

1942年。戦場から10日間の休暇をもらった戦闘機のパイロット:アステア(フレッド・アステア)は、凱旋公演をすっぽかした街のパーティーで美人カメラマンのジョーン(ジョーン・レスリー)に出会う。愛国心と報道者としての自負にあふれる彼女と素の恋愛をしたいアステアは素性を隠して彼女に接近する…というお話で、アステアと同じ航空隊の隊員役で苦節4年、本作で初めて映画クレジットに名前が出たーロバ―ト・ライアン(33歳)の姿も見ることができます。
他のアステア作品に比べて歌やダンスも少な目となっている作品ですが、
アカデミー主題歌賞候補になったMy Shining Hour♪(惜しくも“知らないでしょう:You‘ll Never Know”♪―「Hello、Frisco、Hello」の主題歌に敗れています)、
“A Lot In Common With You”♪
“One For My Baby”♪
といったメロデイや、アステアのスネークダンスを観ることができます。

通常の能天気なまでに明るいアステア作品を予想すると戦時色に面食らう作品ですが、ヒロインのジョーン・レスリー(18歳)は本作の直後に「ハリウッド玉手箱」で本人役で兵士とデートするー当時が旬な女優さんですよ!

ねたばれ?
主人公が所属していた“フライング・タイガース”は、真珠湾奇襲による対日戦が勃発する前から、アメリカ義勇軍として中国国民党軍と提携して日本と戦っていた航空隊で、中国空軍の設立にも協力しています(この様子をかなり脚色して描いたのが「エア・ストライク」)。
シャークティース(サメの歯)ペインティングを施したカーチスP-40(胴体の虎の紀章デザインはデイズニー社!)で出撃し、主にビルマのラングーンから重慶のエリアを守備していました。
しかし、本格的な日米開戦で義勇軍の意義も薄れ、更に1941年12月に加藤隼戦隊に壊滅的な被害を受け、更に陸上戦闘でラングーンも陥落すると1942年7月3日に解散されます(映画での休暇は実は配置転換の為の時間だったのです)。
また、“フライング・タイガース”は戦果を“盛る”ことでも有名で、実際の戦果の数倍の撃墜数を報告したことでも有名ですので、劇中の日本戦闘機17機撃墜も怪しいものです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ