帰らざる夜明け

LA VEUVE COUDERC

89
帰らざる夜明け
3.2

/ 12

8%
33%
33%
17%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(5件)

切ない21.1%悲しい15.8%かっこいい15.8%セクシー15.8%かわいい15.8%

  • kak********

    4.0

    二枚目ドロンの演技力が光る”切ない”物語

    物語はフランスの片田舎が舞台で、美しい田園風景を背景に偶然であった男女の人間関係が描かれていく。 文学的な香りが高い作品だが、それもそのはずで原作はあの”メグレ”シリーズで有名なジョルジュ・シムノンの小説「片道切符」の映画化だから納得である。 主演のアラン・ドロンはフランスを代表する俳優だが、本作品の共演は「燃えつきた納屋」でもドロンと共演したシモーヌ・シニョレで「年上の女」でアカデミー賞主演女優賞受賞のドイツの女優。そして「わが青春のフロレンス」でカンヌ国際映画祭女優賞受賞のオッタヴィア・ピッコロでイタリアの女優。と国際色豊かなキャスティングとなった。 アラン・ドロンとオッタヴィア・ピッコロの共演は「山猫」から始まり、本作品では準主役として共演。そして「アラン・ドロンのゾロ」ではヒロイン役と格が上がって行くのも興味深い。 というわけで、文学的香りの中にサスペンスの香りも漂うのは、原作の力によるところが大きいと言えるが、それを見事に演じきった3人の力も素晴らしい。 特にアラン・ドロンは「真夜中のミラージュ」でセザール賞最優秀男優賞を受賞しただけで、その演技力より二枚目の主役の顔が目立っているが、本作品では演技力もあることを証明している。 ”一人の男と二人の女のやるせない愛”という言葉では、とても言い尽くせない切ない物語と、フランスの田園風景や運河の跳ね橋が見事に溶け込んだ忘れがたい作品である。

  • sec********

    3.0

    ネタバレ孤独な囚人?T4サム・ワーシントンと重なる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gag********

    4.0

    オッタビア・ピッコロが可愛い

    ストーリーが少しヴァン・ダムの「ボディ・ターゲット」と被った。勿論こちらが先だが。 DVDジャケットのアラン・ドロンは40代後半から50代くらいに見えたけれど、本編を見てみたら結構若かった。 アラン・ドロン、当時36歳くらいかな。 白いシャツが良く似合う。 ジャンとクーデルクの関係が良い。 孵卵器を直し、仕事が上手くいきそうな兆しが見え始めるシーンが好き。 85分程の短尺で見易いです。

  • le_********

    5.0

    ネタバレシモーヌ・シニョレの名演技に圧倒される

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • カーズ

    4.0

    ネタバレ意外と重いドラマです!

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
帰らざる夜明け

原題
LA VEUVE COUDERC

上映時間

製作国
フランス

製作年度

公開日
-