ここから本文です

顔のない眼 (1959)

LES YEUX SANS VISAGE/THE EYES WITHOUT A FACE/THE HORROR CHAMBER OF DR.FAUSTUS

監督
ジョルジュ・フランジュ
  • みたいムービー 24
  • みたログ 88

3.57 / 評価:30件

横溝正史の世界

  • neo_rasputin さん
  • 2014年5月11日 4時10分
  • 閲覧数 672
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

一応、ホラーに分類されている様だが、基本的には横溝正史的な世界観を持つサスペンス・ミステリーに近い。

事故で顔を失った(焼けただれた?)娘の顔を治す為、その父親と秘書?が他の女性の顔の皮膚を移植する為、罪を犯すというもの。移植手術は行われるが成功せず、罪を積み重ねていく。

若干、グロいシーンはあれど、とても古い作品で、且つモノクロなので、ほどんど気にならない(というか分かり難い)。

娘が怪我をした事故というのは父親が運転してた自動車での交通事故の模様。従って、親子関係は決して良好という訳ではない。

又、父親は移植手術の権威?という立場の模様。

”模様”という言葉が続いてしまっているが、人物設定などが曖昧で(明示されず)分からない。

前述の秘書(女性)も暗に、以前、父親が顔?の移植手術を施し、成功した人物という表現のみで、どういう関係が分からない。単に医者と患者という立場にしては親密すぎる(娘に対しても同様)。感謝の思いから尽くしているというには入り込み過ぎているとも思える(愛人か?それとも…)

そもそも、この移植手術、皮膚ばかりでなく、顔そのものを移植してしまう様で、人相まで変わってしまう。従って、秘書の女性も元々の”顔”ではない模様。

意図的に必要最低限の表現のみにしたのか否かは分からないが、この辺の影響で今一つのめり込めなかった。

最後もやはり曖昧な感じがする。鑑賞する人の”お好み”でという意図かもしれない。

兎も角、ストレートなホラーではないので、その辺はご注意。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ