ここから本文です

鏡の中の女 (1975)

FACE TO FACE/ANSIKE MOT ANSIKTE

監督
イングマール・ベルイマン
  • みたいムービー 12
  • みたログ 20

3.88 / 評価:8件

トラウマの再燃

  • sat***** さん
  • 2018年10月23日 22時29分
  • 閲覧数 58
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 精神療法医ジェニー(リヴ・ウルマン)が、患者と会ううちに自分の葛藤や過去のトラウマが次第に明らかになり、出会った医師トーマ(エルランド・ヨセフソン)の助けも借りながら、その葛藤やトラウマを語ることでようやく向き合っていく。

 両親の事故死や、育ての祖母に閉じ込められること等、小さい子供には耐えがたい出来事が起こり、さすがにこれだけのことが起こり、そのトラウマが再燃するなら、人格には相当な痛手である。発作的とはいえ、自殺未遂もあり得るかもしれない。この場面には毎回ドキドキする。

 それが、患者のトラウマと向き合ったことにより、自分自身のトラウマが再燃するが、患者の事がほとんど描写されない為に、なぜこの時期に再燃したのかの説得力に欠ける。

 また、ジェニーのリブ・ウルマンの独白が中心で、過剰であり、少し長過ぎて観ているこちらは疲れてしまい、ウトウトしてしまった。しかし、リブ・ウルマンの息苦しい程の上手さと、受けのエルランド・ヨセフソンもイングマール・ベルイマン作品では常連で、慣れたもので何とか最後まで行けた感じだ。 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ