ここから本文です

青髭八人目の妻 (1938)

BLUEBEARD'S EIGHTH WIFE

監督
エルンスト・ルビッチ
  • みたいムービー 3
  • みたログ 41

3.93 / 評価:14件

好きな人には楽しめるのでしょうが…。

  • pin***** さん
  • 2011年10月15日 8時40分
  • 閲覧数 456
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ルビッチ自体が有名な監督ですが、ビリー・ワイルダーの脚本ということで注目して見ました。

主演は『或る夜の出来事』のクラーク・ゲイブルとクローデット・コルベール。

ただし、こちらの方がコメディ色が強く、ロマンチックな雰囲気は弱まっています。

監督、もしくは脚本の資質の違いというのでしょうか。

どちらが好きかは、観客の好みによると思います。

まあ、おおかたはフランク・キャプラに軍配をあげちゃうと思いますけど。

僕は導入部のパジャマのズボンのエピソードに大笑いさせられましたが、それ以降の結婚のドタバタは楽しめませんでした。

富豪と没落貴族という設定が好きになれなかったですし、全体に繰り出されるコメディが僕の感性に合わなかったのだと思います。

残念。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 知的
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ