レビュー一覧に戻る
かくも長き不在

かくも長き不在

UNE AUSSI LONGUE ABSENCE/SUCH A LONG ABSENCE

98

スーザン

4.0

あのダンスのシーン!

パリで小さなカフェを営むテレーズ。彼女の夫は戦時中ドイツ軍に連行されたまま行方不明だった。 ある日、夫にそっくりのホームレスを近所で見つけたのだが、彼は記憶を失くした男だった。 彼が夫だと確信し、男に近づく。 親戚たちは違うと言うが、希望にすがりたいテレーズは何とか記憶を取り戻させようと努力を重ねてゆく。 彼女の思いが愛おしく、そして戦争の、運命のなんと残酷で悲しい事か。 食事の後のダンスのシーン。 そして音楽。 一瞬、夫の心が帰って来たかと思われるも、やはり思いは叶わず悲しみは増す。 男の頭に傷を見つけた時の恐怖。 (拷問か) アリダ・ヴァリの切なくもひたむきな思いを込めた演技が絶品。

閲覧数1,264