ここから本文です

442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍 (2010)

監督
すずきじゅんいち
  • みたいムービー 155
  • みたログ 101

4.43 / 評価:63件

解説

第2次世界大戦時に日系人で編成された部隊・アメリカ陸軍442連隊に迫るドキュメンタリー。人種差別と戦いながら、父母の祖国・日本と戦う苦悩と葛藤(かっとう)を抱えた兵士たちの揺れる心を、当事者たちの証言でつづっていく。監督は、前作『東洋宮武が覗いた時代』が高い評価を受けたすずきじゅんいち。名誉のために命を懸け、偏見と戦った兵士たちの真実に注目だ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

442連隊戦闘団の元兵士であり、現在はカリフォルニアで妻と静かに生活を送っている日系人男性スティーブ・シミズ。89歳の彼は、生涯で忘れ得ようもない時間を静かに回想する。それは、日本軍のハワイ真珠湾攻撃が始まって太平洋戦争が開戦したときのことだった。それは、アメリカに住む日系人にとって苦難の幕開けを意味した。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここまでです このページの先頭へ