ここから本文です

上映中

カサブランカ (1942)

CASABLANCA

監督
マイケル・カーティス
  • みたいムービー 260
  • みたログ 2,412

4.11 / 評価:755件

ここまで台詞に魅せられる名作は無い!

  • エル・オレンス さん
  • 2016年7月29日 21時34分
  • 閲覧数 255
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

監督はマイケル・カーティス。彼の代表作は本作くらいですが、このような世紀の名作を一本世に送っただけで十分偉大です。あと、あの『ダーティ・ハリー』(1971)のドン・シーゲルが助監督を務めているのも凄い。

生涯で4度のタッグを組んだジョン・ヒューストン監督作『マルタの鷹』(1941)に主演し、一躍人気俳優となったハンフリー・ボガードと、絶世の美女イングリッド・バーグマン、。ボギーと共に『マルタの鷹』で共演した個性派俳優ピーター・ローレ、そしてクロード・レインズ(マイベスト映画『アラビアのロレンス』(1962)のドライデン大佐の役者だったのをごく最近知って驚き!)と、燦然たる輝きを放つ顔ぶれです。

戦前に製作・公開された映画としては、フランク・キャプラ監督作『或る夜の出来事』(1934)とツートップですね。一番の魅力は、決して他の映画では真似出来ない、巧みでウィットに富んだ台詞の数々だと思います。時代を感じさせる表現の数々も、ボギーやバーグマンが言うと、ここまで洗練されて輝くから不思議。

ラストに向けての敵同士、味方同士、双方の駆け引きから生まれる緊迫感が半端ないです。エンディングも何度観ても惹き込まれます。プロパガンダ志向だろうが何だろうが、卓越した出来栄えであることには違いありません。

リックやイルザのような人間が実在しないと思うからこそ、我々ファンは、この名作に何年も、何十年も虜になるのだと思います。



======================================

★1942年アカデミー賞 3部門受賞
作品賞、監督賞、脚色賞

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ