ここから本文です

カサンドラ・クロス (1976)

THE CASSANDRA CROSSING

監督
ジョルジ・パン・コスマトス
  • みたいムービー 46
  • みたログ 683

3.76 / 評価:237件

細菌パニックものの1級品

  • fg9***** さん
  • 2017年2月17日 16時14分
  • 閲覧数 2277
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
 1976年の細菌パニックの先駆的?作品だ。
 その舞台が列車というのも魅力を増している。
 1000人の乗客を犠牲にして隠蔽工作を敢行するアメリカ情報部の司令官にバート・ランカスター、乗客救出に奔走する医師にリチャード・ハリス、その離縁した奥さんをソフィア・ローレンが演じていて、俳優陣の演技の素晴らしさには目を瞠る。
 結末は、タイトルの『カサンドラ・クロス』という鉄橋での大惨事が待ち受けているが、1等車と2等車とで惨事の在りようが異なるというのもなんともウマい。
 また、冷徹なバート・ランカスター司令官も大きな歯車のひとつだった、というところにも唸らされた。
 話が長くなりそうなのでこの辺で控えるが、最初から最後までテンポも良くスリリングで、細菌パニックものの1級品に仕上がっている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ