ここから本文です

カサンドラ・クロス (1976)

THE CASSANDRA CROSSING

監督
ジョルジ・パン・コスマトス
  • みたいムービー 46
  • みたログ 680

3.89 / 評価:235件

カサンドラクロス

  • al2***** さん
  • 2017年5月24日 19時12分
  • 閲覧数 2272
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジュネーブにある某国際保健機構の建物に侵入したゲリラ集団が危険な細菌を浴び逃走、欧州大陸横断列車へまぎれ込んだことから巻き起こるバイオハザードパニック映画。

久々にテレビ放送してるのを鑑賞しましたが、感染症パニック、狭い列車内でのアクション、軍との政治的駆け引き、そしてタイトルになったカサンドラ鉄橋へ近づく列車と乗客の運命は?、などなど今見てもなかなかよくできていて緊張感がありはらはらどきどき楽しめました。

いわゆる70年代パニック映画のひとつですがハリウッドではなく西独、伊、英共同制作。
「道」「ひまわり」などで知られる伊の名プロデューサーカルロポンティ製作なので妻のソフィアローレンをはじめ、リチャードハリス、バートランカスター、イングリッドチューリンなど欧米から豪華にキャスティングされ、ハリウッド製パニックムービーとは一味違うヨーロッパを舞台にしたスケールを感じさせる作品になっています。
ジェリーゴールドスミスによる音楽も印象に残ります。

ちなみに公開当時世界的には興行的に苦戦したけどテレビや雑誌などで大々的に宣伝、話題になった日本では大ヒット。日本のみの配収で制作費を回収できたとのことです。

現代のようなCG技術もなく映像的に劣るハンデを考えてもそれを補う俳優たちの演技力とよく練られた脚本で今見ても十分楽しめる作品になってます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • パニック
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ