ここから本文です

カサンドラ・クロス (1976)

THE CASSANDRA CROSSING

監督
ジョルジ・パン・コスマトス
  • みたいムービー 46
  • みたログ 684

3.89 / 評価:239件

まさにA級の映画ですよ

  • hir***** さん
  • 2010年7月11日 16時10分
  • 閲覧数 555
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

そりゃさ、今のCG駆使した撮影技術なら
こんな映像いくらでも迫力あるものにできるわね。
なのでB級に思われても仕方ないかもしれない。

でもね、こーゆーのこそA級ですよ!
だまされたと思って見てごらんなさい、面白いんだから!!

もちろん30年前の映画だからね、
話とかはツッコミどころ満載ですよ。
だけど、24に代表されるように
今政治的パニック物とかやろうとしたら
最新鋭の機器を使って、話も複雑にせざるを得ない。
でも携帯電話なんてもちろん無かった当時では
こういうものが話として十分成立していたのです。

だから政治的パニックモノでも、話は非常に分かりやすい。
お買い得ですよ!

リチャード・ハリスはジャガーノートで好きになったんだけど
ほんとにいいなぁ。あこがれちゃうなぁ。
ある意味、理想の男性かもしれない。
彼よりも男っぽい役はいっぱいあるのだが彼が誰よりも男らしい。
かっこいい役なのだ。
ヒーローとしての最盛期がこの頃のはずなんだけど
それから年月が経ち、老人になったところで
どんな役をやったかっつったら、ダンブルドア校長。
遺作が秘密の部屋なの。
彼みたいに年老いても茶目っ気をもって死んでいきたい。

バート・ランカスターはこの映画では
パニックを収め事態を収束させる役目なのだが
病気が治ると知ってからの彼の演技はさすが。
そっから先のカサンドラ・クロスをめぐるやり取りは
病気でパニックのところとは違って
列車アクションとしてかなりの面白さです。

ソフィア・ローレンは、今まで
ぶっちゃけ何がキレイなの?と思っておりましたが
すみません、キレイでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ