ここから本文です

カサンドラ・クロス (1976)

THE CASSANDRA CROSSING

監督
ジョルジ・パン・コスマトス
  • みたいムービー 102
  • みたログ 758

3.76 / 評価:299件

細菌兵器の研究を行っていた米軍の謀略!

  • hir***** さん
  • 2020年6月27日 23時33分
  • 閲覧数 437
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

(1)
ジュネーヴの国際保健機構に急患を装った3人のゲリラが潜入。1人は射殺され、1人は保健機構で感染性の強い病原菌に感染し死亡。逃走した1人がパリ経由ストックホルム行きの大陸縦断鉄道へ乗りこむ。
(2)
保健機構内で細菌兵器の研究を行っていた米軍は、発覚を恐れマッケンジー大佐にゲリラの行方を捜索させた。大佐は、ゲリラが大陸縦断鉄道に乗ったことを突き止める。さらに列車にチェンバレン博士(外科医)が乗車していることを知る。大佐は博士に連絡を取り、ゲリラを探し出し隔離するよう依頼した。
(3)
チェンバレン博士は乗り合わせた元妻ジェニファー(ソフィア・ローレン)やセールスマンのカプラン、車掌のマックスなどと共に車内を捜索、貨物車内でゲリラを発見する。しかしゲリラは病原菌に感染しており、その状態で車内を徘徊したため、乗客1,000人に感染の疑いがかかった。
(4)
マッケンジー大佐はヘリコプターを派遣し、感染したゲリラと貨物車で感染した犬を回収しようとする。犬だけ回収するが、ゲリラは病原菌により死亡する。保険機構のシュトラドナー医師は回収した犬の解毒方法を探る。マッケンジー大佐は「列車をニュルンベルクに誘導、そこで医療チームを乗車させ、ポーランドの隔離施設に移送する」よう指示する。
(5)
ニュルンベルクに到着するまでの間に、乗客たちが次々に病原菌に感染する。列車がニュルンベルクに到着すると、そこには完全武装したアメリカ兵が待機していた。彼らは酸素供給装置を持ち込んだうえで列車を完全に密封し、乗客たちを管理下に置いた。その様子を見たカプランは、ナチスによって収容所送りにされた過去を思い出し錯乱状態に陥る。
(6)
列車はアメリカ兵を乗せてポーランドに向け発車する。その途中でカサンドラ・クロス橋梁を通過すると知ったカプランは絶望する。カサンドラ・クロス橋梁は1948年に廃線となり、崩落の危険性が指摘され周辺住民はすでに立ち退いていた。
(7)
カプランから話を聞いたジェニファーは、「マッケンジー大佐に連絡してほしい」とチェンバレン博士に伝える。だが大佐は「安全性は確認されている」と答えるだけだった。実はマッケンジー大佐は上層部から「乗客たちをカサンドラ・クロス橋梁の崩落事故に見せかけ、全員口封じせよ」との命令を受けていた。
(8)
シュトラドナー医師は「隔離室で酸素供給を受けていた犬が感染症から回復した」ことを確認。列車を止めるように訴える。しかしマッケンジー大佐は苦悩しつつも、命令を忠実に実行し列車を止めない。
(9)
一方、列車内でも乗客たちが酸素の供給によって症状から回復したため、チェンバレン博士は列車を止めるよう車内のアメリカ軍指揮官に訴える。しかし指揮官は「列車を止める権限がない」と拒否する。
(10)
チェンバレン博士は「カサンドラ・クロス橋梁に到達する前に列車を止める」ため、ジェニファーや麻薬売人のナバロ、麻薬捜査官のハリーと協力して機関車を制圧しようと試み、アメリカ兵と銃撃戦を展開するが、武装したアメリカ兵に阻まれ失敗する。
(11)
チェンバレン博士は「調理室でガス爆発を起こし列車を切り離そう」と考えつくが、ナバロが列車の側面から窓の遮蔽版伝いに機関車に乗り込むことを志願し、同時並行で作戦を実行する。しかしナバロはアメリカ兵に見付かり射殺されてしまう。
(12)
チェンバレン博士の調理室爆破は、導火線の火が消え窮地に陥る。そこにライターを持ったカプランが現れ、自身を犠牲にしてプロパンガスに引火し調理室を爆破する。チェンバレン博士たちは、カサンドラ・クロス橋梁に到達する直前に、後方部分の二等車両を切り離す。
(13)
しかし列車の前半部分の機関車と一等車両は、乗客とアメリカ兵を乗せたまま、カサンドラ・クロス橋梁に進入し、橋梁の崩壊に巻き込まれ川に転落。こうして全員が死亡する。難を逃れた二等車両のチェンバレン博士や乗客たちは列車を降り脱出する。なお列車内への酸素供給によって、病原菌感染者は全員、回復した。
(14)
詳細を知らないマッケンジー大佐は「乗客は崩落事故で全員死亡した」と上層部に報告する。大佐はシュトラドナー医師に非難され罪の意識に苛まれる。しかし彼は、シュトラドナー医師に事実を漏らさないよう命じる。マッケンジー大佐も保健機構を後にする。
(15)
だがマッケンジー大佐とシュトラドナー医師には、監視がつけられていた。スタック少佐が2人の監視をするよう米軍上層部から命令を受けていた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ