ここから本文です

カサンドラ・クロス (1976)

THE CASSANDRA CROSSING

監督
ジョルジ・パン・コスマトス
  • みたいムービー 47
  • みたログ 682

3.76 / 評価:236件

3回見たが

  • gill_era さん
  • 2014年2月2日 5時39分
  • 閲覧数 3653
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

劇場で初めて見たのは10代の時、それから30代にVHSそして今50代になってDVDで三たび見ることになった。若い時にインパクトを感じていたからだろう。

だが今の自分が見た感想はパニック・アクション作品にしては物足りなかったということになる。同時代に作られたアメリカ映画のタワーリングはビル火災の炎の恐怖を味わうことができたし、後のジョーズや近作のタイタニックも非現実の恐怖を見ることができた。で、この作品はというと、列車の中で銃撃戦になるところがアクションのハイライトのようなのだが、こういうシーンってアクションとしては俗っぽいと感じた。それでも初めて見た時には子供心に衝撃的だったのだろう。結末を知らなかったから伝染病の恐怖も感じることが出来た。その時の自分が評価したら5つ星だっただろう。だから今もう一度見たいという気持ちが残っていたのだと思う。

ヨーロッパの作品ならおしゃれな街並みのシーンがあっても良かったのだが、ヨーロッパを感じるシーンも殆どなかった。

いま見返してみると残念な作品ではあるが、ただ一つ良かったのはソフィア・ローレンにもう一度会えたこと。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ