ここから本文です

カサンドラ・クロス (1976)

THE CASSANDRA CROSSING

監督
ジョルジ・パン・コスマトス
  • みたいムービー 47
  • みたログ 682

3.76 / 評価:236件

昔はこれで良かったのだろう

  • fre***** さん
  • 2015年11月6日 17時17分
  • 閲覧数 3773
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

 細菌に感染したテロリストが列車に乗り、2次感染を防ぐべく奔走するパニック・ドラマ。カサンドラ・クロスとは、崩壊寸前の架橋のこと。

 とにかく時代を感じさせる。指令室はもはや年代物で、なぜか司令官が1人しかおらず、手足となる部下もいない。普通はあり得ない。特殊撮影はかなりレベルの低いもので、はめ込み画面満載の映像が続く。

 おまけにストーリーは極めて疑問だらけで、2次感染した患者が治ったという報告があるのに、かたくなに崩壊寸前の架橋・カサンドラ・クロスに列車を向かわせる、そして見事に橋は崩壊する。

 画面に時代感があるのは仕方がないが、稚拙な話の展開と中途半端なラブ・ロマンスが何とも悲しい。昔は、この程度で大喜びしていたのだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ