ここから本文です

カジュアリティーズ (1989)

CASUALTIES OF WAR

監督
ブライアン・デ・パルマ
  • みたいムービー 125
  • みたログ 1,109

3.65 / 評価:342件

2役を見事に演じ分けた女優さんに拍手。

  • エル・オレンス さん
  • 2020年2月19日 7時59分
  • 閲覧数 786
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

大ヒット作『アンタッチャブル』(1987)の次にこの題材を選んだデ・パルマ監督に驚きですが、全体的にデ・パルマ独特の映像演出やカメラワークは控えめに仕上がっています。

初見時は本当にショッキングでしたが、本作が、もっと多くの人々に観られて欲しいと強く思いました。こんな出来事は、日々狂気を生み出している戦場では氷山の一角に過ぎないのかと思うと、胸が締め付けられます。

題名の「カジュアリティーズ=犠牲者」は、決してあのベトナムの村の娘だけでなく、戦争悪に正義を打ちのめされ絶望し、帰還後も怯えた生活を送るエリクソンや、戦友の死を機に人の心を失い堕落するミザーブらも含まれると思います。

役者陣では、やはりショーン・ペンはずば抜けて演技上手いですね。終始目が釘付けになります。役の非道ぶりと、彼のハマり演技が相まって、より一層恐怖が増します。

そして、ベトナムの村の娘&バスに乗った留学生の2役を見事に演じ分けた女優さんにも拍手を送りたいです。メイクや髪形や仕草や表情が全く別人で、とても同じ人とは思えない・・!あの村の娘の最期があまりにも悲惨でひどく落ち込んだのですが、ラストで再び登場してくれたので、劇中のエリクソン同様、どこか救われた気持ちになりました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ