ここから本文です

赤い航路 (1992)

BITTER MOON/LUNES DE FIEL

監督
ロマン・ポランスキー
  • みたいムービー 37
  • みたログ 357

3.81 / 評価:73件

ドSが過ぎるとドMになる

  • ada******** さん
  • 2012年11月4日 13時17分
  • 閲覧数 1561
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

↑って話かと思いましたが、、、、重かった(T_T)。。まぁ当たらずとも遠からずではありましたが。。


小説家気取りの初老の男が、若い妻との馴れ初めから現在までのいきさつを語る。聞き手は、年上妻と船で旅する誠実そうな男。赤裸々な話に初めは嫌悪を抱いていた彼だが、次第にのめり込み、自分自身も変化していき、そして、、、、っていうお話。。


これは監督アリキの作品ですね。数本しか見ていませんが、この監督のイメージそのままっていう感じです。若くてまともなヒュー・グラントが新鮮で、彼に我が身が重なっていきました。見たことも聞いたことも、想像したことさえ無い世界。イヤな嫌いな話なのに入り込んでしまうんです。倒錯的?退廃的?なお話。普通の(?)真面目なイギリス人であるらしい彼の感覚は、日本の中年女性の私に不思議とぴったりなモノでした。


★男・・・1本もモノになっていないのに、芸術家気取り。情けないし、バカに見える。それほど(全く!)魅力的とは思えず。。キライ。。。

★女・・・どうしてこんな男に引っかかる?痛めつけられながらも、離れられず。別れたのに、いたぶりながらも面倒を見てる。。結局愛してるんだろうけれど。。。それほど魅力的とは思えず。。残念。。

☆ヒュー・グラント・・・若いね。20年前は良かった。。心の内に秘めてる興味ってあるよね。それがちょっと見えてしまった。ツライ結末だけど、その後もマトモな紳士でいられたのかなぁ?

☆クリスティン・スコット・トーマス・・・ヒューとは同じ歳?どう見ても(役柄のせいとしても)おばさん(シツレイ)に見える。でも、ドレスアップすると流石にキレイですが。。こちらも秘めた興味が出てきてしまって、、、、でも、あれはヒドイ。。


すっきりしない終わり方だし、さっぱりしない鑑賞後。おすすめは出来ないけど、これがポランスキー?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ