ここから本文です

喝采 (1954)

THE COUNTRY GIRL

監督
ジョージ・シートン
  • みたいムービー 17
  • みたログ 156

3.70 / 評価:33件

グレースケリーさま

  • mattari8 さん
  • 2008年7月3日 19時01分
  • 閲覧数 338
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

なによりグレースケリー。
初めて登場したときとラストでの彼女は
全く違っています。

そこに至るまでの紆余曲折超えて、
美しくなったかのような。

大げさな演出でもないのに
妻が選択を迫られる場面ではどちらにいくのかとはらはら。

貞淑で意志堅固だからこそ、あの選択になった(もちろん愛ゆえも)わけでしょうが、
あれほどに辛い記憶を共有した同士って
離れたほうが良かったりはしないのかな?
二人でそれを抱きながら、支えあっていくのが良いのかな?
未婚者なのでその辺の機微がわからない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ