ここから本文です

合衆国最後の日 (1977)

TWILIGHT'S LAST GLEAMING/NUCLEAR COUNTDOWN/DAS ULTIMATUM

監督
ロバート・アルドリッチ
  • みたいムービー 32
  • みたログ 138

3.78 / 評価:54件

国家の機密が優先

  • kazoo さん
  • 2012年12月24日 11時10分
  • 閲覧数 757
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

アルドリッチ監督の問題作といえるのでしょう。やはりハリウッドは基本的にはアンチ共和党ですからこのような映画もつくられるのでしょう。大統領が人質になるときに国家の最高指導者たちが会議をするところは、本当に緊迫感があり、私は「十二人の怒れる男たち」を思い起こしました。結局、大統領も死んでしまうのですが、その後の決着を描かないことで観客に問題提議したような感じがしました。傑作であると思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ