ここから本文です

合衆国最後の日 (1977)

TWILIGHT'S LAST GLEAMING/NUCLEAR COUNTDOWN/DAS ULTIMATUM

監督
ロバート・アルドリッチ
  • みたいムービー 32
  • みたログ 138

3.78 / 評価:54件

丁寧さに欠ける

  • motorhead_lemmy さん
  • 2014年12月20日 6時10分
  • 閲覧数 738
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

今まで観る機会を逃していたが、ようやくレンタルDVDで初鑑賞しました。

で、なかなかのクオリティを保った作品ではあるかな・・・。

使い分けたカメラアングルが秀逸。
でも、脚本が弱い気がする。
国家機密という漏れてはならない情報の筈がアッサリと破られたり。

途中、おマヌケシーンも有りかな。

あと、もう一つ勿体無いと思ったのは、ラスト。
最初からそんなに丁寧な作りとは言えないが、最後の最後でも隙が出来てしまった演出になっていて、ちと残念。
個人的にはラストも納得いかないのだ。

「狙撃手があんなに乱射しちゃって、大丈夫なの?」っていう。
一発で仕留めてさえいれば、”大統領の死”には繋がらなかったのでは?
と、演出にケチを付けても仕方がないのだが・・・・。

それでも大統領の命を懸けた行動が無意味に思えてしまうのも確か。
何だか大統領が揶揄された恰好になってるね(苦笑)
ま、結果的には国民を守った形になってはいるが・・・あの結末はどうなのだろうか?

なので、ラストの粗い演出にはガッカリしました。
何とも呆気ない結末だったな~。
作り込み不足がマイナス要因だね!

とても惜しい作品ですね。
正直、個人的には傑作とまでは言えないわ・・・。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ