ここから本文です

合衆国最後の日 (1977)

TWILIGHT'S LAST GLEAMING/NUCLEAR COUNTDOWN/DAS ULTIMATUM

監督
ロバート・アルドリッチ
  • みたいムービー 32
  • みたログ 138

3.78 / 評価:54件

偽善が透けて見える

  • オーウェン さん
  • 2016年3月21日 11時43分
  • 閲覧数 888
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

刑務所から脱獄した空軍大佐以下4人の男たちがミサイル基地を占拠。
合衆国に対して機密文書の公開と、逃走資金。
そして大統領の人質を要求する。

政府の杜撰な決定が見え隠れする後半は白眉だが、なんとなく偽善な部分の方が大きい感じがある。

重鎮どころの俳優が政府の役人を嫌らしく演じているのがポイントであり、抵抗すれば第3次世界大戦の始まりという危機が緊張を高める。

意外と効果を上げているのが分割で、各個を映し出していくシーン。
対応が矢継ぎ早に変わり、事態が刻一刻と変わる瞬間は上手い演出だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ