勝手にしやがれ

A BOUT DE SOUFFLE/BREATHLESS

90
勝手にしやがれ
3.5

/ 398

22%
28%
32%
11%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(100件)


  • tyo********

    1.0

    面白くない

    ヒロイン役のジーン・セバーグ、彼女のおかげで成り立ったような映画です。 グレース・ケリーのような雰囲気を感じる素晴らしい女優さんでした。 一方でシナリオの方はかなり簡素。 メインテーマであるはずの男女のかけあいも相当ドライに描いてます。 暴力やスプラッター、官能シーンが当たり前のように脳内へインプットされている世代としては、かなり物足りなく感じるでしょう。 ラストもコントみたいな展開でした。 私は市民ケーンもいまいちに感じましたから、古き良き映画の中にもいろいろあるということですね。個々で映画のどこを見るかなのでしょう。 私はシナリオ重視なので星一つです。音楽は割とよかった。

  • rxg********

    3.0

    ヌーベルバーグの金字塔

    などという権威じみた先入観は置いといて、戦後に就学した世代の女性の自立、フリーセックス、権威権力からの解放とアナーキズム、アーティスティックなパリが輝きつつあった良き時代、、、といった雰囲気をかしみめつつ鑑賞する作品だろうと思う。ひとり異国で自立を目指すヒロインは新しい時代の象徴なんだろうけれど、まだまだ男性が愛玩すべき従属物だという意識が強かったと思われるこの頃であるが故なのかどうかわからないが、ベリー・ショートなヘアスタイルに反してジーン・セバーグの喋り方と仕草はとてもフェミニンで、どこかオードリー・ヘップバーンと共通する可愛らしさを存分に振りまいていて、ツンデレ気まぐれなのに溺愛してしまう愛猫にぞっこんな飼い主のように主人公が彼女に夢中になることに、激しく共感してしまうのでした。  この時代の作品のBGMの大げささはアメリカ映画も同様なので、自分はあまり気になりませんでしたが、変だな?と一度思い始めると確かに見ている間、ずーっと違和感が続くかもしれませんね、、、とはいえ、なんども主人公が乗り換える数々の当時の自動車の美しいフォルムや、通り過ぎるパリ中心の街並みを見ているだけでも楽しめると思うんです、この作品。  ラストでは、フランスのクズ風来坊と、干渉されることを嫌悪するヤンキー娘のつかの間のアヴァンチュールが、「最低」の意味でわかりあえずに終焉を迎えますが、一番気の毒なのは、殺されることになんの意味があったか全くわからない、作品冒頭で叢に転がったおまわりさんですよね、、、  ディオールから出てくるときのヒロイン、ほんとにカワイイですよ!CGもVFXも官能シーンも謎解きもないけれど、若い人にはぜひ、そういうところを楽しんで欲しいです。

  • cha********

    2.0

    名作

    私でも名前を知ってるくらい名作なので 見ましたが 私にはわかりませんでした 主人公は少し嫌悪感を感じます が この時代はこういう悪い感覚がかっこいいと言う感じなのかな? ヒロインハとってもキュートで 音楽もよかったです

  • GFdxb-cmn

    1.0

    仏映画は例外なくつまらない

    泥棒で反社会的な男と、まったくかわいくないヒロインのアメリカ女。場面が変わらず長々と舞台のように話すシーンは退屈の極み。 意地になって他のことをやりながら片手間に最後までみたが最低。映画の意味もまったく分からなかった。

  • ame********

    1.0

    最後のコケっぷりが良い

    無軌道なチンピラ 映画も無軌道 BGMが結構マヌケ 延々と睦言そして破局へ 男は女の裏切りも受け入れたかのようだが イマイチそれがなぜだか分からないし 女は男を愛しているかどうか分からないと言うが セリフの上だけのように見えてしまう あえて感情を描かないようにしてるのかな

  • kat********

    2.0

    追悼ジャン=ポール・ベルモント

    ジャン=ポール・ベルモントに思い入れの映画は記憶にないが、名前だけは憶えてました。 追悼番組として自動録画されていたが自分には感覚の合わない映画だったな。 気を入れて見てなかったせいなのかもですが、メッセージが不明確だった気がします。

  • tsu********

    3.0

    タバコすぱすぱポイ捨てありの時代

    NHK BSにて鑑賞。 のんきで無頓着に自由をたのしむ姿がかっこいいですが、マナー違反です。 音楽と映像がスタイリッシュに絡み合うのが素晴らしい。 白黒のパリの町並みも美しい、見ても損はない★★★

  • tat********

    2.0

    何を訴えたかったのだろうか?

    女ったらしの詐欺師が警官殺しで追われる。複数の女の部屋に強引に入り込み、金は盗むし、寝たがるし、車は盗むし・・・何を描きたかったのだろうか・・ 当時の車はこんな簡単に盗めたのだろうか・・ ーー 2021/09/19 4

  • koy******

    2.0

    どこが評価されているのかわからない

    全体的に大学の映画同好会が作ったような粗い映画です。 でも、今どきの映画同好会なら、もっとキチッとしたものを作りそうではありますが… 背の高い男と聞いて、刑事があいつだと言いますが、いや、それはないでしょうと突っ込まずにいられません。 それと、自分には主人公の魅力がわかりません。 主人公って、車泥棒ですよね?自分の車も持っていないようで、女の子とデートするにも車を盗んでいます。 こんな人が、なぜか、女の子にはモテモテです。 正直言って、今の基準で見れば、主人公は情けなく、ダサいです。 でも、主人公は、そんな自覚もないようで、行き当たりばったりで生きています。 もう、全然、主人公はもちろんのこと、つき合ってる女の子にも感情移入できません。 それと、これは時代的なもので仕方ないかもしれませんが、つき合っていたとしても、その言動や行為はセクハラだろうというのが、けっこう見受けられて気になります。 歴史的資料として見る分にはいいと思いますが、映画作品として期待して見ると、ちょっと裏切られるかもしれません。

  • mkf********

    3.0

    ジーン可愛い!

    元祖セシールカットのジーンがフレッシュで本当に横顔が綺麗で可愛い! 所謂、犯罪ドラマのチンピラ逃走劇で後の銀行強盗の「俺たちに明日はない」ボニーとクライドをチラッと思い出しました。 まあ、ストーリーは横に置いてテンポが良くてジャンとジーンとパリの街並みの魅力を堪能しましたね。 弱気は最低と言ってた主人公がラストは(束縛されるのが嫌で密告した)アメリカ娘の彼女を大好きになり、「もう疲れた」と友人の車で逃げる事を断りあっさりと警官に撃たれて倒れる。 見てるほうも本当に疲れたろうなと納得w 駆け付けた彼女に「お前は最低だ」とフランス語で呟いて 「お前は最高だ」と言いたかったのかな。

  • ymm********

    1.0

    先日亡くなったばかりの若かりしジャン

    芸術的価値を全面的に押し出す映画は苦手だ。絵画や音楽同様、好き嫌いがあるし、理解できないものはどうしても理解できない。絵画ならさっとスルーできても、映画は数時間我慢を強いられるのがキツい。 長い間気になっていて、やっと鑑賞したけれど、感動や心に残る何かを映画に求める自分には全く合わない作品だった。 先日亡くなったばかりのジャンポールベルモントの若かりし姿に出会えたのが良かった。

  • sou********

    3.0

    ジーン・セバーグが可愛いです

    ジーン・セバーグ可愛いよなぁ…。 音楽も映像も美しい。 内容とか演出はちょいちょい謎。 主人公の行動原理がそもそもわからん。なんやろ?アイツ。異星人を見る気持ちになる。 感情の変化とか発展していく思考とか、根本的に僕と異なりすぎるのだと思う。それはそれで良いのだが、「ゴダール、貴方を、貴方の作品を、私が理解したか?と言えば、明らかにノーです。」と彼には言ってみたい(笑)。 多分ね、生きてる間にマイブームとしてゴダールに向かうよ。そして、結局わけわからんやろう、僕の頭じゃね(笑)。

  • カリブソング

    3.0

    モヤモヤ

    焦点がどこにあるのかモヤモヤσ(^_^;)彼と彼女の会話の雰囲気はいいな

  • beautiful_japan_

    3.0

    ネタバレフランスのヌーベルバーグの名作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ジャビえもん

    3.0

    フランス人って、いいなあ。

    ジャン=ポール・ベルモンド、存在感があるなあ、と思って観ていましたが、ジーン・セバーグが登場して、一転、映画は彼女に支配された、といった感じがしました。それほど、魅力的な女性で、髪型も服装も、オンリーワンです。この人は後に、「大空港」にも出てました。あれもよかった…。 それにしても、女性の話すフランス語って、世界で一番可愛いな、と思います。もちろん話す女性にもよりけりですが、あの「クア」とか「クワ」とかいう単語、好きです。意味は知らんけど。 技法が革新的であるとか、いろいろこの映画の価値についての解説を目にしますが、正直、単なる鑑賞者である自分には、それはどうでもよくて(というかよくわかりません)、何か心を鷲掴みにするような魅力があるか、映画を観終わった後にまた観たいと思うか、などが評価の基準なので、その意味で、☆三つくらいかな、といった感じです。すげえ面白かった、という感想はなく、そうかといって、つまらなかったかといえば、それなりに画面に引き込まれていたので(それは革新的技法によるものではなく、主演二人の魅力によるものかも…)、また観ようかな、という気持ちも持ちました。どうして引き込まれたのか、を確認してみたいからです。たとえて言えば、天下一品のラーメンを食べた後みたいな…。 音楽は印象に残りました。それと、衣装。日本人が着ても似合わねえだろうな、という服も、主演俳優二人は素敵に着こなしていました。あんな欧米人に生まれたかったっす。

  • tos********

    3.0

    技法に目が行く

    パリに来る途中警官を殺した、自動車泥棒のミシェル。ジャーナリスト志望のアメリカ人、パトリシアと行動を共にする。しかし、パトリシアは追ってきた警察にミシェルの居場所を伝える。  フランスヌーヴェルバーグの傑作として映画史で有名な作品。今でもアヴァンギャルドなその技法に目が行きます。今では、ストーリー自体はそれほどでも。

  • oka********

    2.0

    ストーリーではなく画面を楽しむ作品

    話は何の起伏もなく淡々と一人の男の行動が映し出されるだけである 正直私にはこの映画の良いところはあまり拾えなかった 特徴的なところは同じシーンなのに画面が切り替わる演出だと思うのだがそれがどういう意図なのかは分からない そういった意味で画面ではまだ楽しみがあったがストーリーはほぼ無いと言っていい 90分なので気軽に観れるという点は◯

  • kus********

    4.0

    面白いのか…?そうでないのか…?

    とにかく不思議な映画だと思います。よく分かりづらい話のような…とても単純な話のような…面白いような…?よくわからないような…? とにかく謎映画です。でもとても人気はあるようですね…たしかになんだか斬新な感じはしますし…おしゃれな感じもしますし… かっこいい男とかわいい女の恋愛映画、ってのが一言で現したものなのですが…簡単に車盗んだりお金盗んだり…あげくは警官殺したり…でもそれらはさらりと行われてさらりと描かれてるだけ(笑)…まったく不思議な映画です

  • hir********

    1.0

    昔の名作、今の駄作の典型

    戦後、欲求不満で反社会・反体制人間がウジョウジョいた頃の名作(=欲求不満のはけ口)も、今となっては駄作。

  • flo********

    5.0

    ネタバレ最高だ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/5 ページ中