ここから本文です

カメレオンマン (1983)

ZELIG

監督
ウディ・アレン
  • みたいムービー 71
  • みたログ 222

4.01 / 評価:85件

ピンとこない

  • オーウェン さん
  • 2016年1月11日 18時49分
  • 閲覧数 761
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

レナード・ゼリグはどんな場所でもその環境にたちまち順応する。
そのことからカメレオンマンというあだ名がつく。
そんな彼の生涯を残されたフィルムや関係者が語る。

これはドキュメンタリーではないので、もちろんゼリグなる人物は存在しない。
だが演じるのがウディ・アレンなのでモキュメンタリーという構成にすぐに分かるという仕組み。

一種のアレンのコスプレショーとでも言えばいいのか。
色々な趣向を凝らした変化は見ものだが、ゼリグ自身の魅力という意味では物足りない。

こういう形態ならば、もっと奇想天外な人物に仕立て上げることはアレンにとってさほど難しくはないはず。
結局パロディ以上のものは感じられなかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ