ここから本文です

仮面/ペルソナ (1966)

PERSONA

監督
イングマール・ベルイマン
  • みたいムービー 25
  • みたログ 206

3.86 / 評価:117件

監督の望んだ題名は「映画」。DVD無効。

  • 山下晴代 さん
  • 2019年3月18日 1時32分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 ベルイマンの望んだ題名は、「映画」。ギリシア悲劇からとった、「ペルソナ」は、なるほど、この映画を「わかりやすく」はしているが、本来のベルイマンの意図とは違う方向、商業映画の方へ行っている。ベルイマンが望んだものは、「劇」であり、それは、劇作家ストリンドベリの世界であり、演劇/映画の限りない「淵」である。いま、ベルイマン特集でデジタルリマスターが上映されている。美しいモノクロの世界。1966年作だから、当然カラーは存在した。しかしモノクロ。それゆえ見えてくるものがある。惜しむらくか(笑)、この映画からは、冒頭の、ゴダールをも思わせる、といっても、たぶん、「真似た」のはあちらだろうが、さまざまなイマージュの断片が挿入される、そのなかから、日本向けに、「ペニス」が削除されているが、その「分断」こそがテーマである。映画館での映画体験こそを目指した映画であるので、レンタルDVDなどで、「スジ」を追って、「仮面」をかぶって人は生きている──系の、「感想」を持つ観客などはなから排除されている。眼に焼き付くは、スラプスティック喜劇、漫画、映画のシーン、とりわけ、過ぎ越しの祭りだかの、犠牲の羊の頸動脈を切られるさいのうつろなまなざしである。そういったイマージュの断片を無視して、失語症の女優と彼女と生活を共にする看護婦(当時)の関係を云々してみても意味のないことである。
 看護婦は失語症の女優を前に、自分のことを語り続ける。その状況は、精神分析医を前にした患者である。患者であるはずの女優が、看護婦の自己を語る言葉を聞き続けることによって、セラピストになっているのである。そして、画面に映し出される俳優たちの顔の大写しは、現実ではここまで近寄れない距離であり、近寄っても顔全体を見ることは不可能な距離である。それは映画だからできることである。このように、画面が語る物語に引きずり込まれるのであって、決して薄っぺらな、「仮面」のあてこすりにではない。DVDでは、なにも観たことにならない。このレビュー欄も、DVDで観た者は無効にすべきである。
 演出家の鈴木忠志は、演劇の「一回性」ということを唱えていたが、ベルイマンは映画(当然、劇場鑑賞のみの)の一回性を意図している。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 知的
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ