ここから本文です

カラーズ/天使の消えた街 (1988)

COLORS

監督
デニス・ホッパー
  • みたいムービー 27
  • みたログ 350

3.21 / 評価:70件

デニス・ホッパーらしさは影を潜める

  • Michellejunky さん
  • 2010年9月26日 23時49分
  • 閲覧数 761
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

 珍しくジャケ借りした作品です。監督誰かと思ったら、デニス・ホッパーじゃん。主演は、ショーン・ペンで、助演がロバート・デュバル。これは、観るっきゃない!!(笑)

 内容は、LAのストリートギャング抗争を描いている。日本でも、カラーギャングたるものが流行っていた時代があったように思うが、それの何倍も恐ろしい。何故なら、ギャングの本場だし、それが彼らの文化でもあり生活であるから。生活がかかっているので、容赦なんてしない。

 そんなギャングとうまくやっていく術を知っているベテラン刑事と、荒々しく使命感に燃える若き刑事。凸凹コンビだが、お互いを理解し合い、信頼していくようになる。荒削りなダニーを優しく見守りながらも、時には厳しく指導し、一人前の刑事に育てていくボブ。ボブの経験がものをいう。

 デニス・ホッパーが真面目に映画を撮っているギャップに少しやられる。彼らしさが、少々抑えられている気がする。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ