カラーパープル

THE COLOR PURPLE

153
カラーパープル
3.8

/ 392

28%
37%
27%
5%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(69件)

泣ける20.8%切ない20.8%悲しい18.2%絶望的9.7%勇敢8.4%

  • hal********

    4.0

    白人VS黒人じゃなかった

    そっちがメインではなく、男女差別の話しでした。 差別なんて生易しいものじゃないか。女は人権皆無の奴隷扱い。 セリーの40年という長い年月を追い、取り巻く人物達のその凝り固まった価値観に雪解けが訪れるまでを丁寧に描いた作品。 てっきりウーピーは作中歌手になるのだと思ってたから、歌わないウーピーにちょっと肩透かし。 子役たちの演技も凄まじく、重厚な名作でした。

  • hechonaps

    5.0

    35年以上も前の映画なのね

    上映当時の私はまだ二十歳のオコサマで ヘンに話題の映画は避けていたと思う。 でもそれが良かった。 metooとかBLMとかで世情も変わって来たから 今の私にはその良さがキチンと伝わってきたと思う。 社会派とか世相に乗っかったとかの映画ではなかったのね。 今この年齢になったからヒューマンドラマだと理解できる。 人種、性別、役割、序列 昔からある差別の話じゃなくて もっと大昔からある個人の尊厳の話なんだと。 残念な事に未だにどれも解放されていないけれど。 自分は愛されている。 そう確信して自分に自信を持つことができる。 それを支えに闘う事ができるのだ。 理不尽に虐げてくる者や悪気もなく当然の上から目線で来る者にも。 ぶっ飛んでると思った市長の妻も ヘルプ 心がつなぐストーリーを見ていたので 違和感なく納得できた。 とても深い話なのだな。 気になったのは この何年かで女性を殴る描写はそのものを映さない という流れになっていると何かで読んだけど、 40年近く前のこの映画では 黒人女性が白人男性を殴る描写が通り過ぎる車で隠されている。 この女性が銃座で殴られるところは映っているのに。 日本では均等法で就職に男女差がなくなると メディアが取上げていた頃だったと思う。 日本より平等や権利の意識が強いアメリカでさえ 市長である白人男性が黒人女性に殴られる描写は 映せなかったのかと驚いた。 その判断がまだ今ほど自由ではなかったからなのか、 それともこの演技をした女優さんを守るためだったのか。 未だにな世の中を思うと どちらもなのかも知れないと思った。

  • ech********

    4.0

    立派で面白い映画ではありますが

    真面目な人間ドラマです。長時間ですが飽きることはありません。 あの時代に、白人同様のきちんとしたスーツやドレスを着た黒人だけで成り立っている生活圏なんてあったんでしょうか?黒人を描いていない、という批判はその辺りですかね? スピル君って、テーマドラマになるとシンドラーのラストの墓参シーンとか妙に作為的になるような気がします。あと、基本娯楽監督なので、この作品なんかもっと重厚な仕上がりになりそうなのに、妙にエンタメ的で、重厚なというか圧倒的な感動を受け難いです。よくいえばサービス精神が旺盛すぎる。リーン君とかワイラー君ならもっと落ち着いた重みみたようなものが出るんじゃないかという気がしますね。オスカー無冠だったのはその辺りじゃないかな?

  • msc********

    4.0

    醜いセリーが、時に可愛く、とても愛おしい

    30数年ぶりの観賞。ほとんど忘れていた、あの日見たシーンが甦ってくる。 20世紀の始まり、アメリカ黒人女性の悲しくも逞しい人生を、美しい映像、音楽、役者たちの好演で、見事に綴ってゆく。 何よりも、ウーピー・ゴールドバーグがすばらしい。その演技は映画デビュー作とは到底思えない。 醜いセリーが、時に可愛く、カッコ良く、たまらなく愛おしく思えてくる。 主演が彼女でなかったら、この映画は全く印象の違うものとなっていたかもしれない。(ソフィアも良かった!) 原作モノの映画化は多くを詰込みすぎてストーリーが散漫化してしまいがちであるが、美しい映像、音楽、スピルバーグ映画の分かり易さも手伝って、まあまあ上手いこと一本の映画に纏まっている。 また、スピルバーグ映画なので、けっして独りよがりな演出は無く、暗くなりがちな物語もマイルドに、時にコミカルに、多くの人が受け付け易いものになった。 随所にみせるユーモアある演出も良い味出してる。 ハリウッド映画の良き部分、スピルバーグ映画の良心が詰まった映画に仕上がっていると思う。 なお、オリジナル予告編(モノクロスチール版)がまた良い。オシャレ。

  • KP

    5.0

    傑作のひとつ

    スピルバーグ作品のトップ5には確実に入る作品。 アカデミー賞作品賞をとれなかったのが衝撃でした。 私の中でこれ以降、アカデミー賞作品賞は価値がないものと思えるようになったものです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ゴールデン・グローブ第43回

女優賞(ドラマ)

基本情報


タイトル
カラーパープル

原題
THE COLOR PURPLE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル