レビュー一覧に戻る
カラーパープル

カラーパープル

THE COLOR PURPLE

153

msc********

4.0

醜いセリーが、時に可愛く、とても愛おしい

30数年ぶりの観賞。ほとんど忘れていた、あの日見たシーンが甦ってくる。 20世紀の始まり、アメリカ黒人女性の悲しくも逞しい人生を、美しい映像、音楽、役者たちの好演で、見事に綴ってゆく。 何よりも、ウーピー・ゴールドバーグがすばらしい。その演技は映画デビュー作とは到底思えない。 醜いセリーが、時に可愛く、カッコ良く、たまらなく愛おしく思えてくる。 主演が彼女でなかったら、この映画は全く印象の違うものとなっていたかもしれない。(ソフィアも良かった!) 原作モノの映画化は多くを詰込みすぎてストーリーが散漫化してしまいがちであるが、美しい映像、音楽、スピルバーグ映画の分かり易さも手伝って、まあまあ上手いこと一本の映画に纏まっている。 また、スピルバーグ映画なので、けっして独りよがりな演出は無く、暗くなりがちな物語もマイルドに、時にコミカルに、多くの人が受け付け易いものになった。 随所にみせるユーモアある演出も良い味出してる。 ハリウッド映画の良き部分、スピルバーグ映画の良心が詰まった映画に仕上がっていると思う。 なお、オリジナル予告編(モノクロスチール版)がまた良い。オシャレ。

閲覧数380