から騒ぎ

MUCH ADO ABOUT NOTHING

111
から騒ぎ
3.6

/ 111

25%
31%
29%
12%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(21件)

コミカル18.3%楽しい17.1%笑える12.2%ロマンチック12.2%かわいい8.5%

  • aro********

    4.0

    お茶目なケネスブラナー

    ハムレットでケネスブラナーのファンになりました。ケネスブラナーの笑顔に引き込まれました。 原作はまだ読んでいませんが、シェイクスピアならではの皮肉とユーモアにあふれたセリフが楽しい。もともと気になる存在だった二人が「噂話」を聞かされてその気になってしまう。ブランコで揺れながら、噴水ではしゃぎながら、思いを口にするシーンはほほえましい。 ケネスブラナー、シェイクスピアの他の作品もぜひ見てみたい。いま一番はまりです。

  • gorichan

    3.0

    ずっとしゃべってる

    ストーリーは、ラブコメでおもしろいけど、よくしゃべるので、途中に休憩をいれたくなりました。人はこんなに雄弁になるのでしょうか。

  • kih********

    5.0

    シェークスピア入門はイタリア紀行で

     シェークスピアの世界を探索する。第一歩は『ヴェニスの商人』だった。第二歩は『から騒ぎ』、これもイタリア、シチリア島・メッシーナが舞台。私のシェークスピア入門はイタリア紀行といったところだ。  「シエークスピアが面白そうだ、ヴェニスの商人を観た」と、その世界の専門家に言ったら、大いに喜んでくれて、日本語版DVDを7本も届けてくれた。しかも、入門者用に、観る順番までアドバイスされた。私の2番目が「分かりやすい」という『から騒ぎ』だ。  オリーブの木に登って詩の朗読をする場面から始まる。実は、うちにもオリーブの木が3本生長している。去年植えたばかりだが、今年はもう実をつけた。それが、シチリア島の本場物を見られるのだから、これだけで嬉しくなった。洒落た“入門者歓迎”だ。  全編は劇場にカメラを入れただけのように見えた。だから、結果としては学芸会の雰囲気だ。専門家がいう「分かりやすい」というのは、シェークスピア戯曲の作風(構成)のことだったのかもしれない。第何幕第何場といった具合に、幕と場が忠実に進行されている。これが、現代の映画に慣れている者にはちょっと不自然に見える。いっそのこと、画面右上か、左下にでも「第何幕第何場」とでも入れてもらうと劇場の感じがリアルに楽しめそうだ。  「劇」の最初から最後まで、皆が良く喋る。これがまた見どころなのだろう。台詞のひとつひとつが面白い。ああ言えばこう言うイギリス式ディベートの原形を観る(聞く)感じだ。ディベートに限らない。日常会話でもそうだ。こういうのがジョーク? ユーモア? ウィット? というのだろうか。その分析だけでもひとつの研究テーマになりそうだが、今回は入門的探索、深入りはやめて概観だけで通り過ぎよう。  ストーリーは至って簡単。二組の恋の物語、これにスネ者が邪魔をして『から騒ぎ』になる。これを過剰なまでのドタバタ(ふざけ)にしないところが上品でよろしい。最後には邪魔の企みに失敗したスネ者も顔を見せて、浮かれ過ぎない引き締まったハッピーエンドにまとめてある。  レビュー投稿には星の数で評価をしなくてはならないルールのようだ。入門者が名作に対してどう評価ができるだろう。恐れ入って星五つにするしかない。評価ではない。授業料のようなものだ。

  • jul********

    5.0

    洋ものはやはり洋役者で

    予想以上に楽しかったです。 シェイクスピアって 面白いんだなと 今頃気づきました。 セリフのひとつひとつが格言のようです。 「若くない男は私に合わず 若い男には私が合わない」 ↑なあんて アラフォ世代の女性の声のよう?? 「恋なんて気まぐれ 罠で始まってしまう」 などなど・・・ なるほどなあと 感じ入ってしまった。 ケイト・ベッキンセール デンゼル・ワシントンの魅力満開 キアヌも悪役で出てますネ。 このころは夫婦だったエマ・トンプソンとケネス・ブラナーの 丁々発止の会話が とても面白かったです。 シェイクスピアは会話が肝。 とっても多いセリフが飛び交いますが 見事にドラマとして決まってます。 洋ものは やはり西洋の俳優さんよね♪ と つまらないことですが 改めて思います。 和の役者さんが洋を演じるのも一興ですが  あくまでも一興だなと思う(私の感想)

  • dia********

    1.0

    シェークスピアは

    喜んでいるのだろうか 悲嘆にくれているのだろうか(大袈裟) ドタバタ劇の一言につきます 原作もドタバタ喜劇なのですが この映画はドタバタドタバタし過ぎだな。 全然面白くなかった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
から騒ぎ

原題
MUCH ADO ABOUT NOTHING

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル