カリフォルニア・スイート
3.6

/ 14

14%
36%
43%
7%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(5件)

ゴージャス11.8%笑える11.8%楽しい11.8%コミカル8.8%知的8.8%

  • oce********

    3.0

    劇中で獲れなくても…

    ハリウッドにある一流ホテルにやってきた4組のカップルの悲喜こもごもを描くオムニバス劇。 離婚協定のためだったり、アカデミー賞授賞式のためだったり。 中には娼婦のせいで亀裂が走ったり、ピリピリする二組の最悪の旅行だったり。 芸達者な俳優陣が多数出ており、マイケル・ケインやウォルター・マッソー、アラン・アルダなど。 中でもアカデミー授賞式に出席するも落選して愚痴を言いだす妻。 マギー・スミスが演じておりリアルな感情が見える。 さらには現実のアカデミー賞をこの役で受賞するというサプライズ。 4つの話にバラつきはあるが、全体的には楽しめる。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレアカデミー賞授賞式の夜に♡

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hir********

    4.0

    コレのウォルターマッソーは最高!

    これ、ホテルに泊まりにくる客たちのそれぞれのドラマを オムニバス形式で描いたものなんだけど、顔ぶれが豪華だった。 マギースミスとマイケルケインの夫婦。 リチャードプライヤーとビルコスビーのテニス夫婦対決。 ジェーンフォンダとアランアルダの夫婦。 でも、腹かかえて笑ったのは、何と言っても、ウォルターマッソーの浮気亭主。 朝、起きたら見知らぬ若い女が隣で寝ている。 アレ?きのう飲んでお持ち帰りしたのかな?なんて考えていると 奥さんが予定より1日早くホテルに来ちゃう。 ホテルのフロントに必死で、くい止めるよう言うマッソーだが、 フロントの手違いで、奥さん通されちゃって部屋に向かってくる。さぁ、大変。 若い女は、起こそうとしても、起きない。 奥さんのノックの音がする。「あなた!いるんでしょ!開けてよ!」 ここから先のコントみたいなドラマが、ホント面白かった。 ウォルターマッソーを見直した、この人おっかしい! 流石、ニールサイモン、良質のコメディでした。 三谷幸喜も、これぐらい面白ければ観るんだけど・・・

  • bad********

    4.0

    ネタバレぴったり

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • いやよセブン

    4.0

    スノッブとドタバタ

    俳優役のマギー・スミス(アカデミー賞助演女優賞)は映画の中では取れなかったが、夫役のマイケル・ケインとの掛け合いは見事。 ジェーン・フォンダは娘が別れた夫のもとへ家出したので取り戻しに。 劇中、見事な水着姿を披露してくれる。 ウォルター・マッソーはホテルで羽目を外し、目覚めたら隣に若い女が裸で寝ており、同時に妻が到着、この女を隠すのが笑わせる。 ビル・コスビーとリチャード・プライアーの二組の夫婦は、いつもいがみ合っており、立て続けに不運に襲われる。 前半は洒落た会話を楽しみ、後半はドタバタを楽しむ、という2度美味しい映画。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第51回

助演女優賞

LA批評家協会賞第4回

女優賞

ゴールデン・グローブ第36回

女優賞(コメディ/ミュージカル)

基本情報


タイトル
カリフォルニア・スイート

原題
CALIFORNIA SUITE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル