レビュー一覧に戻る
狩人

狩人

OI KYNIGHOI/THE HUNTERS

172

一人旅

3.0

死者と狩人

テオ・アンゲロプロス監督作。       6人の狩人が雪山でゲリラの死体を発見したことで、彼らとギリシアの過去が甦っていく、幻想的なドラマ。        物語は正直なところ良く分からず仕舞いだ。 ただ、アンゲロプロス監督の演出・映像は印象的だった。   ワンショットに異なる時代の出来事が同時に描かれる演出は、同監督の他作品でも度々見られる。不自然さは全くない。あまりに自然に、完璧に融合されている。映画というよりは舞台を観ているようだった。       たった一つの死者が持つ意味とその重み。  死んだ人間が時を超えて物語る歴史の真実。  狩人が永久に葬り去りたいそれぞれの記憶を、死者は逃がさなかった。

閲覧数659