渇いた太陽

SWEET BIRD OF YOUTH

123
渇いた太陽
2.8

/ 11

9%
9%
45%
27%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(6件)


  • ジュディー

    1.0

    西落合1-18-18 更生施設けやき荘

    東京都西落合にある更生施設けやき荘という生活保護受給者が入居する施設では女所長を柳澤明美という人物が勤めていてこの人物の悪辣さは度を越えており (自分は事情があり、数か月入居したのだがそこでの待遇があまりにも悪かったのでこうやってネットで告発する事にした) 入居者の女性を馬乗りになり殴りつけ 「この被害をてめーが訴えたとしてもこっちが「いゃー、病人ってのは怖いねぇ、事実と異なる事をさも事実であるかのように吹聴して・・・」と言えば誰もてめーの 発言を信用しない」このような事を声を荒げて口にした後再びその発達障害と思われる女性の横面をはたき 「殺したって こっちは罪に問われない・・・うまく「病人ですからねぇ・・・暴れて押さえつけたら・・・」と言えば誰もこっちの発言を疑わない」 そう言うと固く拳を握りしめて発達障害の女性を殴りつけた。 更に「鬱病患者」ってのは、怖いねぇ「自殺しないんだから」その神経たるや・・・自分だったら 「精神科の敷居を跨いだら」自殺しますよ・・・どういう神経しているんだろう・・・あ、だから 「おかしい」のか・・・「鬱病患者」なんててめーでは「まとも」と思い込んでいるんだろうね・・・こっちからすれば重度と一緒「ガチキチって自覚もない連中」 「こちらからすれば「発達障害」の連中なんて「本物の狂人」社会に出てくるなよって感じ・・・ま、「この事実を自覚していたらまともだわな」健常者って立場の高い者と 同じ空気を吸えるんだからありがたいと思えや」 「就労移行事業所だって・・・笑わせるなよ「発達障害の連中の就労を支援」するだと・・・こいつら人間じゃーねーじゃねーか、そんな支援するから「ガチキチが付けあがる」「ガチキチを付けあがらせようってんだから「就労移行事業所」に勤めている人間なんて「立派な犯罪者」 このような罵詈雑言を常に入居者に対して口にしている。 当時困窮状態でスマホも所有しておらず、映像証拠も音声もないですが事実です。 西落合更生施設けやき荘の電話番号03-3953-8551 社会福祉法人 特別区人事・ 厚生事務組合社会福祉事業団 tswa-swc@beach.ocn.ne.jp 03-6666-1046

  • hechonaps

    5.0

    チャンスは何度もあったのに。。

    人が抱える業の深さを感じずにはいられない。 「何者かになる」男にとっては大事な事なんでしょうか。。 何者でもない彼女を愛したように、自分が何者でもない頃から彼女は愛してくれたのに。 なぜそんな簡単で大事な事がわからないんだろう。 落ちぶれた女優の描かれ方が、成功や慰めを求め、我が事のみに終始する、 まるで男の世界の浮き沈みのようで 利害関係を盾に紛糾する田舎の名士と 紐を伝ってでも這い上がろうと腐心する若い男となんら変わりない。 あがく姿の浅ましさと、それでも成功してしまえば賞賛と羨望の的になる 光の当たる部分だけの栄光が色んな執着を呼び寄せて がんじがらめになっていく様子が迫力ありましたね。 唯一の望みの綱を断ち切られて初めて素直に彼女の胸にすがれるなんて なんかなぁ、、な気持ちになる反面、 これで彼女は安心してこの男と暮らすことができるのだ、と、ハッピーエンドを感じたり。 チャンスのつかみどころがそれぞれの思惑やタイミングとズレたり、 都合よく忘れてしまえる自分の不始末などをあからさまに目にすると ああ、コレぞ人間ドラマ!と近頃ではお目にかかれない重みを楽しめました。 しかし!この邦題はどうよ? あの名作にあやかりたいのはわかるけど。。(-"-)

  • じぇろにも

    3.0

    ハリウッド

    堕胎

  • ser********

    4.0

    負け犬が手にした栄光と挫折

    ポール・ニューマンの笑顔が素晴らしい、と思っている人は断然「明日に向って撃て!」のイメージが強いでしょう。が、本来のニューマンはいつもどこか突っ張った負け犬ばかりを演じてます。「ハッド」も「ハスラー」もそう。で、テネシー・ウイリアムズ原作の本作も当然そんな男を演じます。でも、不思議と彼って嫌味に見えないから不思議。ウィリアムズってアメリカの幻想を粉々に打ち砕く。この作品を見たある売れない役者はショックで辞めてしまいました(笑)。ハリウッド絡みの南部の愛憎劇。夢を抱き、現実に打ちのめされている人が見たら自殺ものかも(笑)。でも私はこの作品が好きです。

  • asu********

    3.0

    這い上がろうとする若者の野心と挫折

    この頃の若いポール・ニューマンって、 渋みが出てきた大人のポール・ニューマンとは またイメージが違います。 あくまでも役の上での話ですが、主人公(ポール)のなんとか のし上がるために落ち目の大女優にかしずく姿が、 なんとも憐れで、成功へ少しでも這い上がりたい 必死さが伝わってきます。 でもやっぱり大女優はわがままで気まぐれな ナルシストの自己チューで、そう簡単にはいかないのよね。 地方から出てきたちょっとイケメンの普通の男子が、 いかにスターになるのが大変で、TVや映画に出演している 俳優人の影には、そんな男子がゴマンいて、あるものは落ちぶれ、 あるものは夢破れて都会を去っていくんだろうなぁ と思わせる映画です。 映画の展開としては、所々に回想部分が入ってきて、 ようやく全貌がわかるしくみになっています。 だから初めは背景がよくわかりません。 ポール・ニューマンの志のあるホストのような、 チャラ男のようで野心家で、若くてイケメンな姿をこの作品で見ると あらためて、ポール・ニューマンは、俳優として、 男性として素敵に年を取っていたのね、 と感慨深いものがありました。 ちなみにこの作品で第35回アカデミー賞で エド・ベグリーは助演男優賞、第20回ゴールデン・グローブ賞で ジェラルディン・ペイジが女優賞(ドラマ)を受賞していますが、 主役のポール・ニューマンは受賞なし。

  • myn********

    2.0

    うーむ

    何か一応ハッピーエンドではあるんやなぁ

1 ページ/1 ページ中